腸捻転(ちょう・ねんてん)とは何らかの理由により、腸間膜を軸として捻れ腸閉塞や循環障害をきたしたもの。腸捻転症[1]

腸捻転
Voluculus.PNG
小腸の腸捻転をきたした患者のX線写真
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
消化器学, 一般外科学
ICD-10 K56.2
ICD-9-CM 537.3, 560.2
DiseasesDB 13996
eMedicine ped/2415
MeSH D045822
テンプレートを表示

1959年から1960年にかけて日本でフラフープブームとなった時には、フラフープをやりすぎると腸捻転になるという説がまことしやかにささやかれ、当時の厚生省がフラフープの人体への影響を検討する事態となったが、健康を害するというのは根拠がない風評であった[2]

脚注編集

  1. ^ 腸捻転症』 - コトバンク
  2. ^ asahi.com(朝日新聞社):フラフープ再び回れ 下火きっかけの地、ブーム復活狙う - 社会 - ウェイバックマシン(2010年11月30日アーカイブ分)『朝日新聞』2010年11月28日、東京版朝刊、38面

関連項目編集

外部リンク編集