メインメニューを開く

自然白金(しぜんはっきん、native platinumplatinum[2])は鉱物元素鉱物)の一種。化学組成は Pt(platina) だが、イリジウム(Ir)、ロジウムパラジウムなどを少量含む。白金は箔や粒の形で産出することが多く、ナゲットは稀である。結晶体を示すことも稀である。結晶系等軸晶系

自然白金
自然白金
分類 元素鉱物
シュツルンツ分類 1.AF.10
Dana Classification 1.2.1.1
化学式 Pt
結晶系 等軸晶系
へき開 なし
モース硬度 4.5 - 5
光沢 金属光沢
鋼灰色
条痕 灰白色
比重 21.5
文献 [1]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示

目次

産出地編集

日本では北海道に産する。最初の記録は、1500年代にスペイン人がコロンビア・リオピントの金砂鉱床からの発見である。重要な産地として南アフリカ のブッシュベルト複合岩体とトランスパール、アメリカ・モンタナ州のスティルウォーター複合岩体とアラスカ州のグッドニュースベイ、カナダのオンタリオ州、ロシアのノルリスクがあげられる。[3]

性質・特徴編集

白金鉱石鉱物

ちなみに、ほとんどの自然白金とされる標本は、実際には「Isoferroplatinum」(白金の他に、パラジウムを主に含む)という別の鉱物に分類されるようである。

自然白金グループ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台編『理科年表 平成20年』丸善、2007年、636頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ 文部省編『学術用語集 地学編』日本学術振興会、1984年。ISBN 4-8181-8401-2
  3. ^ ロナルド・ルイス・ボネウィッツ著、青木正博訳『ROCK and GEM 岩石と宝石の大図鑑』誠文堂新光社 2007年 113ページ

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集