自然言語(しぜんげんご、: natural language)とは、人間によって日常の意思疎通のために用いられる、文化的背景を持って自然に発展してきた言語である。分類として、音声言語文字言語口頭言語書記言語口語文語といったような分類があるが、いずれも似ているようだが着目点や対比軸が異なる分類であり、混同してはならない。また、以上のような分類がいずれも当たらない言語もあり、例えば日本手話(「日本語対応手話」とは異なる)がそうである。

概要編集

人間がお互いにコミュニケーションを行うための自然発生的な言語である。「自然言語」に対置される語に「形式言語」「人工言語」がある。形式言語との対比では、その構文や意味が明確に揺るぎなく定められる(ことが多い)形式言語に対し、話者集団によってゆるやかに規範などが存在していると考えられるものが自然言語である。人間のコミュニケーションを目的として設計された形式言語、といったようなものも存在するが(ログランなど)あまり多くない。人工言語という分類は少々多義的であり、形式言語のことを指している場合もあれば、エスペラントなど「人為発生的な自然言語」といったほうが良い場合もある。

自然言語の発展過程は自然発生的であるが、その言語それ自体は言うまでもなく「ヒトによるモノ」という意味では人工物である。

なお、「自然言語は形式言語・人工言語と比較して、遥かに多様性に富んでいる」などと主張する者がいるが、例えば現代における代表的な人工言語かつ形式言語のひとつであるコンピュータ・プログラミング言語の多様性[1]をきちんと調査比較したような定量的な根拠は無い主張だろう。

また、文法,単語の用法に曖昧さを含み、使用する単語,単語の順序を入れ替える等が可能であり、感情で文章を制御しやすいため、多様な情景表現が可能となっている(しかし、文法、単語の用法に曖昧さが無く、使用する単語、単語の順序を入れ替える等が不可能で、感情ではなく論理で文章を制御しやすくても、多様な情景表現は可能である)。しかし、文法、単語の用法が曖昧であるため、「言語仕様」のように明確に固定することは難しい[2]。各自然言語自体も他言語との統合が起きる事により変化し続けており、自然言語の文法その他あらゆる面が言語学によって研究が続けられている。また、統計的手法を利用する計量言語学や、情報処理の対象として自然言語を扱う自然言語処理は、コンピュータの能力の向上にあわせ、またコンピュータのより便利な利用のために(例えばワードプロセッサや、音声入力による情報探索など)、さかんに研究され実地にも応用されるようになった。

編集

  1. ^ 一般に、「プログラミング言語処理系」等と呼ばれるが、個々の実装ごとに「方言」があるのをきちんとカウントすれば、どれだけあるかわからない。
  2. ^ 正確には、固定することは言語自体ではなく政治マターであって可能であろう。そもそも流行語などのようにうつろいゆくものが自然言語であり、固定しようとしたものはもはや人工言語である。つまり、この節は自然言語の特性ではなく、自然言語の定義を述べている単なるトートロジーでしかない。

関連項目編集