メインメニューを開く

依存文法(いそんぶんぽう、dependency grammar)は、ルシアン・テニエール (en:Lucien Tesnière) によって開発された文法理論。(文脈依存文法とは直接は無関係である)

概要編集

句構造文法と異なり、基本的な記述の単位としてのを欠くことを特徴とする。構造は語(主要部)と従属部との関係として定義される。依存文法は特定の語順によって定義されないため、チェコ語のような比較的語順の自由な言語の記述に適している。

外部リンク編集

関連項目編集