メインメニューを開く

航空力学(こうくうりきがく、英:aerodynamics)とは、航空工学の最も基礎的な研究分野で、航空機に働く空気の力や、航空機が飛行するために必要な力の釣り合いなどを研究対象とする学問[1]

目次

分野編集

航空力学は航空工学のうち航空機に関する流体力学揚力抗力、翼形理論、推進装置の特性、航空機の安定性や操縦性、飛行性能などを研究対象とする[2]

最も基本的な要素は揚力で、の上下で空気の速度が異なると上向きの力が発生することが知られている。

航空機の発明当初は実機テスト、または風洞実験をするしか理論の確認方法が無かったが、コンピュータの発達後はシミュレーションによってより細かい確認が可能になってきた。 航空工学も参照のこと。

出典編集

  1. ^ 中村寛治『カラー図解でわかる航空力学「超」入門』サイエンス・アイ新書、2015年、10頁。
  2. ^ 中村寛治『カラー図解でわかる航空力学「超」入門』サイエンス・アイ新書、2015年、11頁。

関連項目編集

外部リンク編集