メインメニューを開く

船橋市立中野木小学校(ふなばししりつ なかのきしょうがっこう)は、千葉県船橋市中野木二丁目にある公立小学校。通称は「中小」(なかしょう)。

船橋市立中野木小学校
Nakanogi.JPG
国公私立の別 公立学校
設置者 船橋市
設立年月日 1960年
共学・別学 男女共学
学期 2学期制
所在地 274-0825
千葉県船橋市中野木二丁目19番1号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概観編集

前原団地建設に伴い開校。開校当初は現在の中央校舎しか建設されなかった。周辺の宅地化に伴い増築し現在にいたる。 現在は西・中央・東・南・体育館・プレハブ校舎があり 全体がコの字がたの配置になっている

元々、畑の中にできた学校で周辺住民から終日通り抜けをしていいという条件で建設を承諾したため現在も周辺の中学生や住民が朝から夜まで通り抜けている。

教育目標編集

一人一人を大切に育てる教育を基盤として自ら学ぶ意欲と心豊かで、たくましい児童を育てる。(生きる力を育てる)

学区編集

船橋市前原西4丁目 5丁目9番~17番 6丁目 7丁目 飯山満町 2丁目381番地~393番地 395番地 396番地 528番地~535番地 中野木1丁目 2丁目

沿革編集

  • 1960年(昭和35年) - 中野木小学校開校

昭和37年4月 飯山満町2丁目の一部を学区に編入 39年3月 校旗制定 〃 4月 2代校長 岡澤一夫 〃 10月 校歌制定 41年3月 校舎東側へ6教室増築 (第2期工事) 42年4月 前原1 -580番地から615番地までが学区に編入される 3代校長 山越司久 43年3月 校舎東側へ6教室増築 (第3期工事)                        

校歌編集

この風この風胸いっぱい


1 はるかに光る富士の山 まるでぼくらのてのひらに 乗りそうなほど小さいが でも高いのだ本当は 僕らもなろう わたしらも みんながなろう あの山のように 気高く 美しく

2 かすかに潮の香を含み千葉の海から吹いてくる この風この風胸いっぱい 吸えば心が広くなる やがてみんなで漕ぎ出そう 世界の海へ この風が地球を 回ってきたように

3 あちらにはるかにかすむのは 筑波の山だ紫の すぐそこあれは無線塔 団地のチャイムが鳴っている ここに目覚めて ここにきて みんなで学ぶ 元気よく みんなで遊ぶ 幸いよ

●おお 中野木 中野木小学校 ほがらかに おお 中野木 中野木小学校 きよらかに


※現在、3番は歌われておらず、2番の後は●部を歌う 歌われてはいないが、歌詞としては残っている 理由は歌詞に出てくる無線塔は日本軍が使用していた無線塔で校歌が制定された数年後に無くなったため校歌側の3番も歌われなくなった。 

委員会編集

計画委員会 代表委員会 理科委員会 放送委員会 栽培飼育委員会 清掃委員会 保健委員会

部活・クラブ活動編集

  • 合唱部 千葉県内一位の合唱部 研究大会などにも出場する業界内では有名な部活

 23年度NHK全国合唱コンクール関東甲信越ブロックコンクール 銅賞  23年度NHK全国音楽コンクール 千葉県大会 金賞 最優秀校  22年度NHK全国音楽コンクール 優秀賞受賞 県大会出場  22年度TBS子ども音楽コンクール 優秀賞受賞  22年度全国合唱教育研究全国大会 研究演奏

  • サッカー部

市内では強いチーム。 市大会ではほぼすべてで入賞している 23年度秋季市民大会6年生の部 2位 22年度豊洲招待マクドナルドカップ 3位  

  • ミニバスケットボール部(前原小学校と合同 男子は中野木小学校で、女子は前原小学校で練習)

全国屈指の強豪。全国大会で優勝したこともある。学校内の部活で一番大会での優勝回数が多い。 練習が大変な部活として地域では有名  第36回千葉県ミニバスケットボール大会優勝 平成24年1月29日  全国大会出場決定  平成23年度関東ミニバスケットボール大会 優勝  平成23年秋季市民ミニバスケット大会 優勝  平成23年度関東地区大会さざ波大会 優勝  平成23年度千葉県サマーフェスティバル 優勝  23年度春季市民大会 優勝  22年度関東大会優勝  (22年度) 船橋カップ優勝   サマーフェスティバル 優勝   市原ジェフカップ 優勝   春季市民大会 準優勝   秋季市民大会 準優勝  関東大会 優勝   太田カップ 優勝  冬季新人大会 優勝

交通編集

著名な出身者編集

周辺の施設編集

外部リンク編集