良岑 高行(よしみね の たかゆき)は、平安時代初期の貴族大納言良岑安世の子。官位正五位下陸奥守

 
良岑高行
時代 平安時代初期
生誕 不明
死没 不明
官位 正五位下陸奥守
主君 仁明天皇
氏族 良岑氏
父母 父:良岑安世
兄弟 木蓮長松清風宗貞(遍昭)高行、遠視、晨直、晨省、晨茂、行振
テンプレートを表示

経歴編集

天長10年(833年)3月に仁明天皇即位に伴って従五位下叙爵し、同年11月には従五位上と続けて昇進する。右近衛少将を経て、承和6年(839年右中弁、翌承和7年(840年)左中弁と仁明朝前半は文武の要職を務める。承和8年(841年正五位下陸奥守に叙任され、地方官に転じた。

官歴編集

六国史』による。

出典編集

脚注編集

  1. ^ 『近衛府補任』