良岑氏(よしみねうじ)は、「良岑」をの名とする氏族

良岑氏
氏姓 良岑朝臣
氏祖 良岑安世
桓武天皇皇子
種別 皇別
本貫 山城国
著名な人物 良岑安世
良岑宗貞
良岑玄利
後裔 原氏
丹羽氏
立木氏
前野氏
上野氏 (良岑姓)
下野氏
凡例 / Category:氏

平安時代に創設された氏で、朝臣である。桓武天皇百済永継の間に生まれた良岑安世を始祖とする。

江戸時代二本松藩主となった丹羽氏は良岑姓を自称した[1]

また尾張国丹羽郡前野村の土豪前野氏は、良岑高成の子良岑(前野)高長の系統である。

人物編集

系譜編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『姓氏家系大辞典』[要文献特定詳細情報]ではこれを仮冒とし、多臣の一族尾張丹羽臣の後裔とする。
  2. ^ 尊卑分脈』では左少将とする。
  3. ^ 『尊卑分脈』では遍昭とする。
  4. ^ 平忠度の母は藤原為忠の娘であるともされている。

参考文献編集

史料

外部リンク編集