芝田 安希(しばた あき、女性、1981年1月6日 - )は、日本の元バレーボール選手、現指導者。現役時代はV・プレミアリーグ東レ・アローズに所属していた。

芝田 安希
Aki Shibata
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-01-06) 1981年1月6日(36歳)
出身地 和歌山県御坊市
ラテン文字 Aki Shibata
身長 177cm
体重 67kg
血液型 O型
選手情報
愛称 タクト
ポジション WS
指高 230cm
利き手
スパイク 298cm
ブロック 298cm
テンプレートを表示

目次

来歴編集

和歌山県御坊市出身。漁業を営む一家に生まれる。スポーツが大好きで楽しそうだったという理由で、小学3年よりバレーボールを始める。名田中学でもバレーボール部に所属し、近畿大会まで出場経験がある。合宿で訪れた京都成安高校(現:京都産業大学附属高校)のレベルの高い練習風景を目の当たりにして、同校出身だった佐伯美香へのあこがれもあって、同校からユニチカへ進みたいとの強い希望を持つようになる。幸い同校からも芝田にオファーがあり進学が決定した。

1999年、京都成安高校卒業後は希望が叶いユニチカに入社。2000年、ユニチカ休部に伴い東レへ移籍。若手選手の多いチームを副主将として牽引した。

2008年、天皇杯・皇后杯全日本選手権優勝、2007-08プレミアリーグ初優勝の2冠に貢献。キャプテンであった向井久子の現役引退に伴い、同年6月よりキャプテンに就任した。

2010年、日本代表候補に選出されるが、辞退。同年5月27日、チームより現役引退が発表された。芝田の引退により、東レからユニチカでプレーした選手がいなくなった。

引退後は社業に専念していたが、2011年11月に東レ・アローズのマネージャーに就任した。

2013年9月に行われた国民体育大会で、滋賀県チームの一員として出場した[1]

東レを離れたのち、御坊市役所に勤務する傍ら2016年8月から和歌山県の国民体育大会バレーボールチームの監督に就任した[2]

エピソード編集

愛称はタクト。高校入学時に先輩から名付けられたニックネームで指揮棒のこと。「チームの指揮を執れるような選手になれ」との思いがこめられているという。

球歴編集

  • 所属チーム履歴
名田小 → 名田中京都成安高等学校ユニチカ・フェニックス(1999-2000年)→ 東レ・アローズ(2000年-2010年)

脚注編集

  1. ^ 東日本大震災復興支援 第68回国民体育大会バレーボール競技会 公式プログラム79ページ
  2. ^ 女子バレー和歌山の監督に芝田さん”. 日高新報. 2017年8月29日閲覧。

参考文献編集

  • 月刊バレーボール 2009年12月号 98-101ページ

外部リンク編集