メインメニューを開く

芦野屋 麻績一(あしのや おみいち、享和3年(1803年) - 安政2年10月2日1855年11月11日))は、江戸時代後期の国学者鍼医。東洋堂と号した。「あしのや」は阿斯能舎、阿斯能谷、阿斯能夜、阿斯廼夜、蘆野屋とも書く。

人物編集

享和3年(1803年)、江戸において武家の子として生まれる[1][2]。幼いころ、徐々に視力が悪化し失明して盲人となり、のち天保8年(1837年)には検校の地位を得た[1][2][3]。幼時、瞽師が紫衣を身にまとうのを見た麻績一が、その美しさに自分も瞽師になりたいと心の内で願い、果たして失明したとの逸話がある[1]

国学者の岸本由豆流(別名・朝田弓絃)や、塙保己一の側近であった雨富龍謙一(雨富流謙一)に師事して国学を学び、国学者として知られたほか、の名手としても知られた[1][2][3][4]。さらに、海防書『野芹』を著わして幕府に献じた他、多数の著書があった[4][5]。古典、中でも『源氏物語』に通じていたといい、和歌も良くしたという[2][5][6]

安政2年(1855年)10月2日、患家に向かう途中、折から江戸を襲った安政の大地震のため圧死[2][3][5]の天徳寺に葬られた[5][7]。戒名は広道院正誉慈門大居士[8]

脚注編集

  1. ^ a b c d 『本朝瞽人伝』59頁
  2. ^ a b c d e 「山田の落穂」148頁
  3. ^ a b c 『コンサイス日本人名事典』34頁
  4. ^ a b 『国書人名辞典 第1巻』40頁
  5. ^ a b c d 『本朝瞽人伝』60頁
  6. ^ 『日本歴史大辞典 第1巻』109頁
  7. ^ 『国学者伝記集成』1301頁
  8. ^ 『国書人名辞典 第1巻』39-40頁

参考文献編集

  • 石川二三造ほか『本朝瞽人伝』(普及舎,1892)
  • 大川茂雄,南茂樹 編『国学者伝記集成』(大日本図書,1904)
  • 日本歴史大辞典編集委員会 編『日本歴史大辞典 第1巻』(河出書房新社,普及新版,1985)
  • 三省堂編修所 編『コンサイス日本人名事典』(三省堂,改訂版,1990)
  • 谷垣内和子「山田の落穂」東洋音楽研究55号119-149頁(東洋音楽学会,1990-08)
  • 市古貞次ほか編『国書人名辞典 第1巻』(岩波書店,1993)

関連文献編集

  • 長沼友兄「盲人国学者・阿斯能夜麻績一について」温故叢誌54号61-70頁(温故学会,2000-11)