メインメニューを開く

花のサンパチ組(はなのさんぱちぐみ)は、1980年代後半から1990年代に活躍した、昭和38年(1963年)生まれの大相撲力士らのことを指す。彼らよりちょうど10年前に生まれた「花のニッパチ組」(昭和28年・1953年生まれ)に由来する。世代としてこれに続いたのは昭和48年(1973年)生まれではなく、横綱貴乃花光司大関魁皇博之らをはじめとする昭和47年(1972年)前後の生まれで、昭和63年(1988年)3月場所初土俵の「花の六三組」と呼ばれる力士らであった。

らが該当する。但し、寺尾は早生まれで学年は1つ上。

この中から双羽黒・北勝海・小錦の3人を抜き出して、「花のサンパチトリオ」と呼ぶ場合もある。但し、上の世代の昭和の大横綱千代の富士貢(昭和30年・1955年生まれ)が長い力士寿命を保ったため、「花のニッパチ組」のように角界を制するには至らなかった。

関連項目編集