花嫁は紅衣装』(はなよめはべにいしょう、原題:英語: The Bride Wore Red)は、1937年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。

花嫁は紅衣装
The Bride Wore Red
Bride Wore Red lobby card.jpg
『花嫁は紅衣装』のロビーカード(ジョーン・クロフォードとロバート・ヤング)
監督 ドロシー・アーズナー
脚本 テス・スレシンジャー
ブラッドベリー・フート
原作 モルナール・フェレンツ
製作 ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ
出演者 ジョーン・クロフォード
フランチョット・トーン
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ジョージ・J・フォルシー
編集 アドリアン・フェイザン
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1937年10月8日
日本の旗 1938年4月
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

概要編集

モルナール・フェレンツの戯曲『トリエステから来た娘』の映画化であり、ドロシー・アーズナーが監督、ジョーン・クロフォードと夫のフランチョット・トーンが夫妻揃って主演した。

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集