メインメニューを開く
この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にフェレンツ・モルナールと表記することもあります。
モルナール・フェレンツ

モルナール・フェレンツMolnár Ferenc, 1878年1月12日 ブダペスト - 1952年4月1日 ニューヨーク)は、オーストリア=ハンガリー帝国生まれの劇作家小説家である。本名ノイマン・フェレンツNeumann Ferenc)。フランツ・モルナーFranz Molnar)の名でも知られる。

ブダペストユダヤ系医者の一家に生まれ、はじめは法律を学び、新聞記者となった[1]。オスカー・ワイルドやフランス喜劇を器用に模倣して通俗的な脚本を書き人気を得た[1]。作品には自由恋愛を描いた喜劇『悪魔』をはじめ『リリオム』『近衛兵』、児童文学作品にも類別される『パール街の少年たち』がある[1]第二次世界大戦中のハンガリーにおけるナチスユダヤ人迫害から逃れてアメリカに移住した。

主な作品編集

戯曲

  • 悪魔(1907年)
  • リリオム(1909年)
  • 近衛兵(1910年)
  • 白鳥(1920年)
  • オリンピア(1928年)
  • お人好しの仙女(1930年)

小説

  • パール街の少年たち(1907年)

映画化編集

「リリオム」はモルナールの代表作のひとつで、フリッツ・ラングの『リリオム』、アメリカの『回転木馬 (ミュージカル)』(同名の映画も)など何度も舞台化・映画化されている。1954年の東宝映画『エノケンの天国と地獄』も「リリオム」を下敷きにしていると言われており、主演の榎本健一は「俺こそ色男リリオム」という歌もリリースしている[2]

他に、『悪魔』が1921年ジョージ・アーリス主演で、『トリエステから来た娘』が1937年に『花嫁は紅衣装』のタイトルで、『お人好しの仙女』(私はあなたのもの)が1947年にディアナ・ダービン主演、『白鳥』が1956年グレース・ケリー主演、『オリンピア』(バラ色の森)が1960年にソフィア・ローレン出演で映画化されている。『パール街の少年たち』も1917年を最初に何度か映画化されている。

日本での翻訳編集

日本でも早くから知られ、森鴎外による翻訳(ドイツ語訳からの重訳)があり、「破落戸(ごろつき)の昇天」「辻馬車」「最終の午後」と、3つの作品が鴎外の翻訳小説集『諸国物語』(1915年)に収録されている。

また大正末から昭和13年頃の間に鈴木善太郎により多くの作品が翻訳されている。

2012年川端康成の未発表小説として、モルナール・フェレンツの戯曲「リリオム 或るならず者の生と死-裏町の伝説、七場-」(1909年)の翻案『星を盗んだ父』の直筆原稿が見つかった。筆跡などから川端が東京帝国大学を卒業した時期から間もない大正13年ごろに執筆されたとみられ、全7場でできた原作の戯曲を、叙情性や童話的な色彩の濃い最終場を生かした3段落構成に変え、主人公リリオムの「ならず者」としての側面よりも、生まれてくる子供のために罪を犯して自殺し、天上にある星を盗んで娘に渡そうとする父親としての愛情を前景に据えた物語に変えている[3]。川端は大正9年に、同じく「リリオム」を原作とする森鴎外の「破落戸の昇天」を読んでいた[4]

脚注編集

外部リンク編集