メインメニューを開く

花尾城(はなおじょう)は、福岡県北九州市八幡西区にあった日本の城である。本丸は標高351メートルの花尾山山頂に位置する。

logo
花尾城
福岡県
花尾城想像模型
花尾城想像模型
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 宇都宮重業
築城年 建久5年(1194年
主な城主 麻生氏
廃城年 天正14年(1586年
遺構 曲輪、竪堀、石塁、井戸跡
指定文化財 未指定
位置 北緯33度50分58秒
東経130度47分00秒
地図
花尾城の位置(福岡県内)
花尾城
花尾城

沿革編集

建久5年(1194年)、麻生氏の祖・宇都宮重業によって築城された。

文明10年(1478年)、麻生家信(家延)と弘家(ひろいえ)との家督争いに大内政弘が介入、篭城する家信を攻めたが3年間落城させられず、和議により家信は遠賀荘を得て岡城へ退き、弘家が城主となる。

その後、城主の麻生弥五郎なる人物(詳細不詳)を追放した大内義隆が奪うが、城主となった相良武任が天文20年(1551年)の陶隆房(陶晴賢)の反乱(大寧寺の変)により殺害されると再び麻生氏に帰し、麻生鎮里(しげさと、家信の子、元・水晶城主)が城主となる。しかし鎮里は、永禄10年(1567年)、対立していた一族の麻生隆実(たかざね、遠賀郡山鹿城主)と戦うも、宗像氏貞の支援を得た隆実に敗れ、城を出て薩摩の島津氏の許へ逃れた。

天正14年(1586年)、豊臣秀吉九州征伐で、麻生家氏(いえうじ、隆実の子とされる)は降伏して筑後へ所替えになり、小早川隆景の領有となって廃城になった。

現在は花尾山城公園として整備され、竪堀石塁井戸跡などの遺構が見られる。黒崎駅前には想像模型が、市内の龍潜寺には戦死者供養碑がある。

また、市の指定無形民俗文化財である「前田の盆踊」は、明応年間(1492年~1501年)に大内氏に攻められた際の、戦死者供養として始められたと伝わる[1]

構造編集

大小12から成る、連郭式山城

所在地・アクセス編集

北九州市八幡西区大字熊手

脚注編集

  1. ^ 「前田の盆踊」北九州市公式HP

参考文献編集

  • 『筑前国続風土記』1703年

関連項目編集