メインメニューを開く

花山塚古墳(はなやまづかこふん/はなやまつかこふん)または花山西塚古墳(はなやまにしづかこふん)は、奈良県桜井市粟原にある古墳。形状は円墳と推定される。国の史跡に指定されている。

花山塚古墳 / 花山西塚古墳
Hanayama Nishizuka Kofun, entrance.jpg
石室入り口
所在地 奈良県桜井市粟原
位置 北緯34度30分28.80秒
東経135度54分24.25秒
座標: 北緯34度30分28.80秒 東経135度54分24.25秒
形状 (推定)円墳
規模 不明
埋葬施設 塼槨式横口式石槨
築造時期 7世紀後半
史跡 国の史跡「花山塚古墳」
地図
花山塚古墳の位置(奈良県内)
花山塚古墳
花山塚古墳
テンプレートを表示

特異な塼槨式の横口式石槨を有する古墳として知られる。本項目では南東に所在する花山東塚古墳についても解説する。

目次

概要編集

奈良盆地南東縁、女寄峠付近の尾根斜面に築造された古墳である[1]

墳丘は斜面を馬蹄形に掘り込んで整形したうえに構築されている[2]。墳形は削平のため明らかでないが、円形と推定される。主体部の埋葬施設は塼槨式の横口式石槨で、南方に開口する[1]。壁はレンガ状に加工した石英粗面岩(榛原石)を積み漆喰で固めることで構築される[1]。形態的には、玄室(前室)の前後に羨道・奥室を付すという大阪府の石棺系横口式石槨に類似する特徴を示す[1]。石室規模は次の通り[1]

  • 石室全長:6.2メートル以上
  • 玄室(前室):長さ約2.18メートル、幅1.36メートル、高さ約1.68メートル
  • 奥室:長さ約2メートル、幅0.7メートル、高さ約1メートル
  • 羨道:3メートル以上、幅約1.1メートル、高さ不明

玄室側壁は約1.2メートルまでは垂直、それ以上は持ち送る[1]。天井石は花崗岩で2枚を遺存する[1]。羨道は両袖式の形態で、天井石を全失しているため高さは明らかでない[1]。奥室には底に板石が敷かれ、入り口には片開きの石扉が付された(奥に向かって左側に軸穴が残る)[1]。玄室・奥室の壁面には全面に漆喰が塗られたと見られる[1]。副葬品は明らかでない[1]

この花山西塚古墳は、古墳時代終末期7世紀後半頃の築造と推定される[3]。塼槨式の古墳は宇陀地方に類例が知られるが、朝鮮半島百済高句麗の墓制(磚槨墳)との類似が認められるため、渡来系豪族の墳墓と推測される[3]

古墳域は1927年昭和2年)に国の史跡に指定されている[4]

花山東塚古墳編集

花山東塚古墳
 
石室入り口
所在地 奈良県桜井市粟原
位置 北緯34度30分28.58秒
東経135度54分25.85秒
形状 円墳
規模 直径17m
高さ3.5m
埋葬施設 塼槨式横穴式石室
築造時期 7世紀後半
史跡 なし
テンプレートを表示

花山東塚古墳(はなやまひがしづかこふん)は、花山西塚古墳の南東にある古墳。形状は円墳。

墳丘は斜面を馬蹄形に掘り込んで整形したうえに構築されている[2]。墳形は円形で、直径約17メートル・高さ3.5メートルを測る[2]。主体部の埋葬施設は塼槨式の横穴式石室で、南方に開口するが、花山西塚古墳とは異なり奥室はない[1]。壁はレンガ状に加工した石英粗面岩(榛原石)を積み漆喰で固めることで構築される[2]。玄室は現存で長さ3.15メートル・幅1.72メートル・高さ1.9メートルを測り、羨道は破壊のため欠失している[2]

この花山東塚古墳は、古墳時代終末期の7世紀後半頃の築造と推定される[2]

文化財編集

国の史跡編集

  • 花山塚古墳 - 1927年(昭和2年)4月8日指定[4]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 花山西塚古墳・花山東塚古墳(平凡社) 1981.
  2. ^ a b c d e f 花山東塚古墳 史跡説明板。
  3. ^ a b 花山塚古墳(古墳) 1989.
  4. ^ a b 花山塚古墳 - 国指定文化財等データベース(文化庁

参考文献編集

(記事執筆に使用した文献)

  • 花山東塚古墳 史跡説明板(桜井市教育委員会設置)
  • 「花山西塚古墳・花山東塚古墳」『日本歴史地名大系 30 奈良県の地名』平凡社、1981年。ISBN 4582490301
  • 原田道雄「花山塚古墳」『日本古墳大辞典東京堂出版、1989年。ISBN 4490102607

関連文献編集

(記事執筆に使用していない関連文献)

  • 桜井市教育委員会『桜井の横穴式石室(桜井の古文化財)』桜井市文化財協会、1987年。

外部リンク編集