花柳寿美

大正から昭和期にかけての日本舞踊家

初代花柳 寿美(はなやぎ すみ、女性、1898年明治31年)2月11日[1] - 1947年昭和22年)2月8日[1])は、日本舞踊家。新舞踊運動を興した舞踊家の一人である。本名は大橋 勇(いさみ)。

はなやぎ すみ
花柳 寿美
Koyakko (Hanayagi Sumi).jpg
生誕 1898年2月11日
岐阜県
死没 (1947-02-08) 1947年2月8日(48歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 芸妓舞踊家

経歴編集

岐阜県に諏訪政太郎と芸者の庶子として生まれ、名古屋の大橋家の養女となる。4歳から西川流で舞踊を学び[1]1910年(明治43年)に上京して当時花柳流の家元の座を預かっていた花柳徳太郎に入門した。その翌年には「小奴」の名で新橋の「竹の家」で雛妓として座敷に出るようになった[1]。小奴は美貌の雛妓として知られて「新橋雛妓七人娘」の一人と称された[1]2代花柳壽輔が家元に就いた後は壽輔の指導を受け、1918年大正7年)には名取を許され、花柳寿勇(じゅゆう)を名乗る[1][2]朝吹常吉をパトロンとし、小山内薫6代目尾上菊五郎蘆原英了3代目市川左團次(当時・市川男女蔵)の指導を受け、花柳舞踊研究会で頭角を現した。

関東大震災後、舞踊家として立つ為に妓籍を抜け、1925年(大正14年)に「花柳寿美」を襲名する[1]。寿美という名前は花柳流にとって由緒あるものとして伝わっていたが、壽輔はあえて寿勇を初代寿美とした。また翌1926年(大正15年)には自らの舞踊研究会である曙会を設立し、他の女性舞踊家とともに新舞踊運動を展開した。舞踊曲としてオーケストラを導入したり、これまでにない衣装を身に着けて壮大華麗な舞台を見せるとともに、女形舞踊ではない独自の女性舞踊を追究した[1][3][4][5]。寿美が振付を行い発表した作品は多数あり、代表作としては「火炎のお七」、「吉田御殿」、「お菊さん」、「花火」、「三枚絵」、「八雲起出雲阿国(やくも たつ いずものおくに)」、「雪の譜」などが挙げられる[1][4]。また、寿美は化粧品の広告に起用されたり、日本画家山川秀峰の絵のモデルを務めるなどして舞踊以外でも注目を集めた[3]

1947年(昭和22年)2月8日、地下鉄の車内で脳溢血を起こして急逝した。告別式は築地本願寺で営まれた[6]。没後、寿美の名は養女の大橋鈴子が2代目を、その長女萬寿子が3代目を継承した。また、邦枝完二は彼女を主役とした小説「東京一代女」を東京新聞に連載し、1951年(昭和26年)には「情艶一代女」の題名で映画化された。主演の寿美役は宝塚歌劇団春日野八千代が務めている[7]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i “花柳 寿美(初代) ハナヤギ スミ”, 新撰 芸能人物事典 明治-平成, 日外アソシエーツ, (2010), http://archive.is/r4Nnf#19% 
  2. ^ 如月青子 (1984-1994), “花柳寿美 はなやぎすみ”, 日本大百科全書(ニッポニカ), 小学館, http://archive.is/dsP7P#36% 
  3. ^ a b 中千尋 (2014年11月14日). “《素踊》山川秀峰|女性舞踊家が極限まで追及した女性美のかたち”. 美人画礼賛. 美人しぐさ. 2017年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月17日閲覧。
  4. ^ a b 三枝孝榮 (2008年5月21日). “舞踊芸術賞 平成20年度 受賞者紹介”. 東京新聞 (中日新聞社). オリジナルの2017年5月16日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/X9puS 2017年5月17日閲覧。 
  5. ^ “花柳寿美 はなやぎすみ”, 世界大百科事典 (2nd ed.), 日立ソリューションズ・クリエイト, (1998-10), http://archive.is/dsP7P#7% 
  6. ^ 小谷野敦. “1947(昭和22)60歳”. 里見弴・詳細年譜. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月18日閲覧。
  7. ^ 情艶一代女”. Movie Walker. KADOKAWA. 2017年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月19日閲覧。

参考文献編集

  • 里見弴編述『初代花柳寿美』 曙舞踊劇団、1953年。
  • 柴崎四郎 『通史花柳流 花の流れ一世紀』 自由国民社、1985年。144頁 - 146頁。ISBN 4-426-50018-4