花聟くらべ(はなむこくらべ)は宝塚歌劇団舞台作品。雪組[1]公演。

1幕[1]

1974年2月28日から3月21日まで宝塚大劇場[1]で公演された。

併演作品は『ロマン・ロマンチック[1]』。

解説 編集

※『宝塚歌劇100年史(舞台編)』の宝塚大劇場公演を参照[2]

狂言作品。その指導に茂山忠三郎を迎えた。春。花園に住む果報者に花子、月子、雪子、星子の4人の娘がいた。果報者は、長女花子に聟をとられようと太郎冠者に相談、聟を求める高礼を揚げさせた。しかし、太郎冠者は実は花子が好きだった・・・。

スタッフ 編集

主な出演者 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 60年史別冊 1974, p. 151.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 139.

参考文献 編集

  • 編集発行人:橋本雅夫『宝塚歌劇の60年別冊・年譜 最近の10年』宝塚歌劇団、1974年。 
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3