メインメニューを開く

花見村(はなみそん)は、かつて鳥取県の中部、東伯郡に属していた

はなみそん
花見村
廃止日 1953年4月1日
廃止理由 新設合併
東郷松崎町花見村舎人村
東郷町
現在の自治体 湯梨浜町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陰地方
中国・四国地方
都道府県 鳥取県
東伯郡
面積 14.84km2.
総人口 2,450
(1952年12月31日)
隣接自治体 東郷松崎町、三朝村西郷村上井町長瀬村浅津村
花見村役場
所在地 鳥取県東伯郡花見村
旧・花見村役場庁舎位置
 表示 ウィキプロジェクト

概要編集

1952年(昭和27年)12月31日当時の人口は2,450人、面積は14.84km21889年(明治22年)10月1日町村制実施により河村郡内(当時)の野花(のきょう)・長和田(なごうた)・長江・佐美(さび)・門田・埴見(はなみ)・羽衣石(うえし)の7ヵ村が合併して成立した。当村内では江戸時代から東郷池の干拓が行われ多くの水田が作られ、東郷池の西側の平野に水田地帯を広く形成するにいたった。また、明治末期より当村の山地の斜面において特産品のの栽培が盛んに行われるようになった。1953年(昭和28年)4月1日、周辺の東郷松崎町舎人村と合併、東郷町が成立して消滅した。

村名の由来編集

村名の由来としては古来、この地域では良質の粘土が採取され土師器や瓦を焼く窯が作られたことから粘土の意の「はに」と東郷池または海を意味している「み」が合わさり、「埴見」と呼ばれていたことによる。また、平安時代の『和名抄』にも伯耆国河村郡八郷の1つとして「埴見郷」の名が見えることから、古くからこの地域の地名として呼ばれていたことが分かる。従って「埴見村」とするのが普通であるのだが、合併時に村内に同じ地名の集落があることを考慮して混同するのを避けたため、同じ読みをする「花見村」と称することになった。

参考文献編集

  • 東郷町誌
  • 羽合町史後編
  • 倉吉市
  • 鳥取県史
  • 角川日本地名大辞典31鳥取県

関連項目編集