芳賀 高照(はが たかてる)は、戦国時代武将下野宇都宮氏那須氏家臣

 
芳賀高照
Haga Takateru.jpg
芳賀高照(清巌寺蔵)
時代 戦国時代
生誕 大永元年(1521年
死没 弘治元年(1555年
主君 下野宇都宮氏那須氏
氏族 芳賀氏
父母 父:芳賀高経
兄弟 高照高継那須高資
テンプレートを表示

芳賀氏清原氏の後裔。下野国の有力武士団・清党の棟梁で益子氏の紀党と共に紀清両党と呼ばれる。

天文10年(1541年)、父・芳賀高経宇都宮尚綱によって殺されると、那須氏を頼って落ち延びた。天文18年(1549年)、那須高資と共に出陣し喜連川五月女坂の戦いで、尚綱を敗死させた。

弘治元年(1555年)、宇都宮氏の家臣である芳賀高定の反撃を受けて自害を余儀なくされた。