芸能山城組(げいのうやましろぐみ)は、日本アーティストグループ。世界の民族音楽を題材にしたアルバムを数々発表している。民族音楽を主題にした集団であり、文明批判テーマに掲げ活動を行っている。

概要編集

インドネシアバリ島ケチャの全編上演成功を機に、1974年1月19日に設立された。山城祥二が主宰。学生ビジネスマンエンジニア医師ジャーナリストなどさまざまなメンバーから構成される。

毎年夏に、新宿新宿三井ビルディング前55ひろばにおいてケチャまつりを行っている。大友克洋の映画『AKIRA』の音楽を担当したことでも知られる。その他、不定期に群芸「鳴神」というパフォーマンスや、高校への出張公演なども行っている。

来歴編集

1966年お茶の水女子大学東京教育大学(現・筑波大学)の学生による男女混成合唱団「ハトの会コーラス」のリーダーに山城祥二(大橋力)が就任。ブルガリアの伝統的な女声合唱のほか、日本民謡グルジアの合唱など、さまざまな唱法でのコーラスにチャレンジする[1]1969年、「合唱団ハトの会」に改名。民族音楽研究家の小泉文夫の協力を得て、メディアに登場するようになる。1970年に「恐山」を発表し、1976年に「恐山/銅之剣舞」としてアルバムをリリース。山城が民族音楽コレクションのスーパーバイザーをレコード会社から依頼され、各地へ録音に出かけるようになる[2]。これがJVCワールドサウンズの発売につながる。1973年バリ島に初の調査。1974年に日本初となるケチャの全編上演をきっかけに、「芸能山城組」に改名。1986年に、バリのガムランや日本のお経など、さまざまな民族音楽や唱法を取り入れた「輪廻交響楽」発表。これを聴いた大友克洋から楽曲の借用を要請されたのをきっかけに、『AKIRA』のすべての音楽を担当し、1988年に「Symphonic Suite AKIRA」として発表。1990年に「翠星交響楽」発表。その後も世界各地の民族音楽の研究と発表を続けている。

音楽・映像作品編集

■芸能山城組オリジナルCD・LP(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)

・「恐山/銅之剣舞」(1976)・「地の響」(1976)・「やまと幻唱」(1977) ・「黄金鱗讃揚」(1978)・「芸能山城組ライブ“開かれた合唱”十年の展開」(1979) ・「少年達への地球讃歌」(1980)・「シルクロード幻唱」(1981) ・「ビザンチンの響」(1981) ・「アフリカ幻唱」(1982) ・「輪廻交響楽」(1986)・「AKIRAオリジナル・サウンド・トラック」(1988)・「Symphonic Suite AKIRA (交響組曲アキラ)」 (1988) ・「芸能山城組入門」(1988)・「翠星交響楽Ecophony Gaia」(1990) ほか全16タイトル

■JVCワールドサウンズ(JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)企画・構成 山城祥二, 録音・解説・写真 大橋 力全101タイトル

■DVD/Blu-rayディスク

・「AKIRA DVD SPECIAL EDITION」の音楽,バンダイビジュアル(DVD, 2001) ・ハイパーソニックBlu-ray「AKIRA」バンダイビジュアル(2009)

■ハイレゾリューションオーディオ配信コンテンツ〔ハイパーソニック・ハイレゾ音源 by オオハシ・ツトム〕(e-onkyo、VICTOR STUDIO HD-Music他から配信)

・第一弾「恐山/銅之剣舞」・「チベット密教 極彩の響き」・「超絶のスーパーガムラン ヤマサリ」・ハイパーソニックオルゴール「トロイメライ」(2014) ・第二弾「輪廻交響楽」・「ブルガリアン・ポリフォニー(Ⅰ)」・ハイパーソニックオルゴール「卒業写真」(2015) ・第三弾「交響組曲AKIRA 2016」(2016)

■芸能山城組オリジナルLP(米国Milan Records)

「Symphonic Suite AKIRA」LP2枚組(山城祥二監修によるDSD11.2MHzのハイパーハイレゾ音源を使用)(2017)

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集