メインメニューを開く

若乃花

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

若乃花若ノ花(わかのはな)は、大相撲力士四股名

  1. 若乃花幹士 (初代) - 第45代横綱花籠部屋所属。栃錦清隆とともに「栃若時代」を築いた。
  2. 若乃花幹士 (2代) - 第56代横綱。二子山部屋所属。初代の弟子。
  3. 花田虎上(若乃花勝) - 第66代横綱。二子山部屋所属。初代の甥で孫弟子。貴ノ花利彰の長男で弟子。貴乃花光司の兄。

なお、一般には歴代若ノ花(若乃花)には含まれないが、この四股名は二所ノ関部屋に所属した大ノ海久光(11代花籠)が幕下時代まで若ノ花を名乗ったことに由来する。そのため大ノ海の弟子として二所ノ関→花籠部屋に所属した花田勝治は生涯に亘って「師匠が初代で儂は2代目」と言っていた(片仮名のノではなく漢字の乃に限定すれば花田勝治が初代になる)。