メインメニューを開く
若尾幾造 (2代)
横浜取引所(1894年設立)。中央が若尾

2代 若尾 幾造(わかお いくぞう、1858年1月22日(安政4年12月8日[1])- 1928年昭和3年)4月29日[1][2])は、日本の実業家政治家衆議院議員貴族院多額納税者議員。幼名・隣之助、旧名・林平[1][3]

目次

経歴編集

甲斐国巨摩郡在家塚村(のち山梨県中巨摩郡、現南アルプス市在家塚)で、初代若尾幾造の長男として生まれる[1][3]

家業の生糸貿易業に従事し、1896年に家督を相続し幾造(2代)と改名した[4][5]神奈川県高座郡藤沢町(現藤沢市)と埼玉県児玉郡本庄町(現本庄市)に生繭乾燥所を、また、高座郡鵠沼村(現:藤沢市)に製糸機械場、同郡明治村(現:藤沢市)に第二製糸場を設置して良質の生糸を製造し、海外に本邦蚕糸の優秀性を示して輸出の拡大に貢献した[3][4]。その他、神奈川県蚕糸貿易商同業組合長、横浜蚕糸外四品取引所理事長、若尾銀行頭取、横浜電線製造取締役、横浜火災海上運送信用保険取締役、東京電燈取締役、日本鉄道取締役、京浜電気鉄道取締役、帝国ホテル取締役、横浜倉庫取締役、東洋モスリン取締役、日清紡績取締役、横浜電気取締役、東洋汽船監査役、横浜生命保険監査役、東亜製粉監査役、京浜電力取締役社長などを務めた[2][6]

また、横浜市参事会員、同瓦斯局長、同参与、同瓦斯常設委員長、横浜商業会議所常議員、生糸検査所臨時商議員、蚕業諮問会員などを歴任[2]1905年8月17日、貴族院多額納税者議員に就任[7]し、1906年7月6日に辞職した[8][9]1912年5月、第11回衆議院議員総選挙で神奈川県横浜市選挙区から立憲政友会所属で出馬して当選[2]。その後、第13回第14回総選挙でも当選し、衆議院議員を通算三期務めた[2]

親族編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 『山梨百科事典』876頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』719頁。
  3. ^ a b c d e 『財界物故傑物傳』下巻、635-637頁。
  4. ^ a b 『神奈川県史 別編1』806頁。
  5. ^ 『横浜近代史辞典』201頁。
  6. ^ 『神奈川県百科事典』[本編]、924頁。
  7. ^ 『官報』第6641号、明治38年8月18日。
  8. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』228頁。
  9. ^ 『官報』第6906号、明治39年7月7日。
  10. ^ 人事興信所編『人事興信録』第6版、1921年、わ11頁。

参考文献編集

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『横浜近代史辞典』湘南堂書店、1986年(『横浜社会辞彙』 (横浜通信社大正7年刊) の改題)。
  • 神奈川県県民部県史編集室編『神奈川県史 別編1』人物 : 神奈川県歴史人名事典、神奈川県、1983年。
  • 神奈川県百科事典刊行会編『神奈川県百科事典』[本編] 大和書房、1983年。
  • 『山梨百科事典』山梨日日新聞社、1972年。
  • 実業之世界社編輯局編『財界物故傑物傳』下巻、実業之世界社、1936年。

関連項目編集