メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

鵠沼村(くげぬまむら)は、神奈川県の中央南部、高座郡に属していた

鵠沼村
廃止日 1908年4月1日
廃止理由 新設合併
藤沢大坂町鵠沼村明治村藤沢町
現在の自治体 藤沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 神奈川県
高座郡
総人口 2,695
(1907年)
隣接自治体 高座郡藤沢大坂町、明治村、
鎌倉郡村岡村川口村
鵠沼村役場
所在地 神奈川県高座郡鵠沼村字中井
外部リンク なし
座標 北緯35度20分15秒
東経139度28分23秒
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

東は境川を境に鎌倉郡川口村と接し、西は引地川を境に明治村と接する。

北辺は東海道とそこから分かれた鎌倉道で藤沢大坂町と接し、南は相模湾の海岸線である。

海岸平野の湘南砂丘地帯にあたり、全般に砂地で北西部では東西方向、中央部では北東-南西方向、東部では東西方向の顕著な砂丘列が見られ、海岸部には海岸線に平行する砂丘列が見られた。

集落・耕地は北西部に限られ、南東部は広大な砂原が展開していた。ここは、相州炮術調練場(鉄炮場)の跡地であり、耕作が禁止されていたためである。

北西部の集落は平安時代末期以来の伝統を持つ宮ノ前、上村(かむら)、宿庭(しゅくにわ)、清水、苅田、大東、仲東、原、堀川の9町内に分かれ、皇大神宮の氏子集落として、「本村」と呼ばれてきた。鎌倉時代には境川の渡津集落として東部に砥上(石上)が形成され、江戸時代初期、東海道が整備されると、街村の引地、車田が形成された。江戸時代中期には中央部に新田が開発され、新田、納屋(なんや)の集落が形成された。明治時代前期の鵠沼村では、これら14の集落のみであった。

産業は自給的な半農半漁であり、鉄道開通を機に商業的な農業も始まった。代表的な作物にモモサツマイモが挙げられる。養蚕業も若干見られたが、あまり盛んではなかった。1895年には若尾幾造が鵠沼村石上に盛進社若尾製糸場を始業した。釜数=200、当時藤沢地域では最大の工場だった。

鉄道開通を機に海岸部の開発が始まった。鵠沼海岸海水浴場の開設と3軒の旅館の開設である。砂原に道路網が敷設され、クロマツが植栽されて、日本初の別荘分譲地「鵠沼海岸別荘地」の開発も始まったが、本格化したのは江之島電氣鐵道開通後である。

明治時代初期の戸数は300弱、人口は2,000弱であり、1902年になっても370戸、2,830人という数字が記録されている程度であった。

歴史編集

元来は砂地の原野で、「砥上ヶ原」の名で知られた。弥生時代以来の遺跡が見られ、奈良時代の記録には高座郡(たかくらごおり)土甘(とかみ)郷と出てくる。平安時代末期以来大庭御厨鵠沼郷と呼ばれ、鵠沼村の名は安土桃山時代1559年、岩本太郎左衛門定次(北条家御馬廻役)知行地となった段階から用いられたようである。江戸時代藤沢宿代官支配下の幕領旗本の布施家、大橋家(2代のみ)の知行地、および寺領に分けられた。村落は自給的な半農半漁村であったが、1694年以来東海道藤沢宿の助郷村、1728年に開設された相州炮術調練場(鉄炮場)を支える村としての役割も担わされた。

沿革編集

町村制施行前編集

  • 1872年明治5年)7月12日 - 鵠沼学舎(後の鵠沼小学校)、鵠沼普門寺脇の寺の物置を校舎に開設。
  • 1873年(明治6年)5月1日 - 区・番組制施行、鵠沼村は第17大区・第2小区となる。小字・番地の制定。
  • 1874年(明治7年)7月6日 - 区番組制を改め大小区制を実施する。鵠沼村は第18大区第2小区
  • 1877年(明治10年)5月22日 - 鵠沼学舎、校舎が新築され、第87番小学鵠沼学校と改称。
  • 1878年(明治11年)12月1日 - 神奈川県、大小区制廃止。鵠沼村となる。
  • 1884年(明治17年)5月7日 - 郡区町村編制法の改正。鵠沼村は羽鳥、大庭、稲荷、辻堂と連合。
    • 8月17日 - 上村(かむら)町内、人形山車(源頼朝)を新調。以来、各町内ごとに人形山車を新調し、皇大神宮の例祭で山車参進が見られるようになった。
  • 1886年(明治19年)7月18日 - 鵠沼海岸で海水浴場開場式開催。提唱者の三留栄三医師、飲酒後泳いで溺死。
  • 1887年(明治20年)7月11日 - 鵠沼村中央部を横断して鉄道(後の東海道本線)、横浜-国府津間開通、藤沢停車場開業

町村制施行後編集

  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行[1]、鵠沼村は連合組織から分れ1村で独立[2]、役場を字中井におく。
  • 1892年(明治25年)3月19日 - 第87番小学鵠沼学校、尋常鵠沼小学校と改称。
  • 1902年(明治35年)4月 - 尋常鵠沼小学校が尋常補習科を廃して高等科を併設し、尋常高等鵠沼小学校となる。
    • 9月1日 - 江之島電氣鐵道(現在の江ノ島電鉄線)の石上、川袋、藤ヶ谷、鵠沼各停留所が開業。開業当日に鵠沼停留所で脱線事故が発生。
  • 1903年 - 字下鰯の細川家別邸内に慈教庵(本真寺の前身)建立。開山は颯田本眞尼(1845年-1928年)。
  • 1906年(明治39年)10月9日 - 東京の大給子爵邸にあった賀来神社を鵠沼停留所前に遷座。
  • 1908年(明治41年)4月1日 - 藤沢大坂町、鵠沼村および明治村が合併して、高座郡藤沢町(現在の藤沢市)となる。
    現在は、藤沢市の鵠沼地区が該当する。

経済編集

農業

『大日本篤農家名鑑』によれば、鵠沼村の篤農家は「伊藤将行、斎藤彌五右衛門、斎藤兵府」などである[3]

地域編集

教育編集

交通編集

鉄道路線編集

隣接市町村へは、江之島電氣鐵道にて藤沢大坂町および川口村へ連絡する。

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^   1889年(明治22年)3月11日神奈川県令第10号. 市制町村制施行ノ件 (明治22年神奈川県令第10号). - ウィキソース. 
  2. ^ 1989年(明治22年)3月31日神奈川県令第9号「町村分合改稱」別冊
  3. ^ 『大日本篤農家名鑑』274頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月22日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。

関連項目編集

外部リンク編集