若林 強斎(わかばやし きょうさい、1679年8月14日延宝7年7月8日)‐ 1732年2月15日享保17年1月20日))は、江戸時代中期に活躍した儒学者神道家である。名は進居。通称は新七。別号に寛斎・自牧、神道号を守中という。山本復斎と並び浅見絅斎門の双璧と称された。

経歴・人物編集

京都に生まれ、浅見絅斎の門人となる。

山崎闇斎派(崎門学派)の朱子学を学び、また玉木正英から神道を受け、儒学と神道を兼学して「実践躬行」を唱えた。

絅斎の没後、尊敬する楠木正成に因み、京都で「望楠軒」と言う家塾を開き、西依成斎小野鶴山沢田一斎竹内式部山口春水等の門人を輩出した。晩年、大津錦織の地に一屋を借りて「滝津亭」と名付け、しばしば通って修養に励んだ[1]

昭和3年(1928年)、正五位を追贈された[2]

主な著作物編集

  • 「家礼訓蒙疏」
  • 「若林子(強斎)語録」

脚注編集

  1. ^ 金本正孝『若林強斎先生「滝津亭」の遺跡を尋ねて』靖献堂
  2. ^ 田尻佐 編『贈位諸賢伝 増補版 上』(近藤出版社、1975年)特旨贈位年表 p.56

出典編集