メインメニューを開く
浅見絅斎邸址、京都市中京区錦小路通高倉西入南側

浅見 絅斎(あさみ けいさい、承応元年8月13日1652年9月15日) - 正徳元年12月1日1712年1月8日))は、日本の江戸時代儒学[1]思想家。名は重次郎。諱は安正[1]。筆名として望楠楼。

来歴編集

近江国(現滋賀県高島市)に生まれる。はじめ医者を職業としたがやがて山崎闇斎に師事し、後世、闇斎門下の俊英3人、すなわち崎門三傑の一人に数えられる。後年に至って、闇斎の垂加神道の説に従わなかったために疎遠となった。闇斎の死後は、神道にも興味を示すようになり、闇斎の所説を継述するに至った。門下に、若林強斎(守中霊社)・山本復斎(守境霊社)等がいる。その尊王斥覇論は徹底しており、関東の地に立ち入ることはなく、終生、諸侯の招聘を拒み在野にあった。

主著『靖献遺言』は、1684年から1687年にかけて書かれた。屈原諸葛孔明陶潜顔真卿文天祥謝枋得劉因及び方孝孺の8名の評伝の形を取っており、幕末のいわゆる志士たちに大きな影響を与えた。

栄典編集

参考文献編集

  • 『靖献遺言精義』法本義弘著、国民社、昭和18年10月(昭和19年3月再版)
  • 『浅見絅斎の研究』近藤啓吾著、神道史学会叢書7、神道史学会、昭和45年6月、増訂・平成2年6月
  • 『靖献遺言講義』近藤啓吾著、国書刊行会、昭和62年9月
  • 『浅見絅齋集』近藤啓吾編、国書刊行会、平成元年7月
  • 吉田松陰と靖獻遺言』近藤啓吾著、錦正社、平成20年4月
  • 『現人神の創作者たち』山本七平著、新版・ちくま文庫〈上・下〉、平成15年10月

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ a b 『江戸時代人物控1000』、山本博文監修 小学館、2007年、15頁。ISBN 978-4-09-626607-6 
  2. ^ 『官報』第8235号「叙任及辞令」1910年12月2日。