茅野 秀三(かやの しゅうぞう、1918年11月7日[1] - 没年不明)は、神奈川県出身の元プロ野球選手外野手)。

茅野 秀三
基本情報
出身地 日本の旗 日本 神奈川県[1]
生年月日 1918年11月7日[1]
没年月日 没年不明
身長
体重
170 cm
62 kg
選手情報
投球・打席[1]投左[1]
ポジション 外野手
プロ入り 1948年
初出場 1948年4月4日[2]
最終出場 1948年11月2日[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

神奈川県で生まれ育ったが、父親の仕事の関係で台湾に移住。台北州立台北工業学校(現:国立台北科技大学)時代は、1932年夏の甲子園に出場。チームメイトに漆原進茅野健一がいる。横浜高工横浜金港クラブを経て、1947年国民野球連盟宇高レッドソックス(のちに熊谷レッドソックスに改名)に入団。夏季リーグ30試合制で打率.403の高打率をマークし、首位打者のタイトルを獲得した。

1948年中日ドラゴンズに入団。4月4日大陽ロビンスとの開幕戦(鳴海球場)に2番・中堅手で先発出場を果たした[2]。シュアな打撃と俊足を活かして外野手のレギュラーとして活躍したが、盗塁刺が18個(リーグワースト)と盗塁技術に難があった。盗塁は9個なので盗塁成功率は.333と低かった。シーズン後半は打順が下がったり、試合出場できなかったりすることも多く(中日入団時に、当時としては高齢の29歳だったことも影響している)、1948年シーズン終了後、現役引退した。その後の消息は不明。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 中日 129 450 427 29 106 21 6 0 139 25 9 18 7 -- 15 -- 1 29 -- .248 .275 .326 .601
通算:1年 129 450 427 29 106 21 6 0 139 25 9 18 7 -- 15 -- 1 29 -- .248 .275 .326 .601
  • 各年度の太字はリーグ最高。

背番号編集

  • 11 (1947年)
  • 19 (1948年)[3]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集