メインメニューを開く
本来の表記は「荀顗」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

荀 顗(じゅん ぎ、? - 274年)は、中国三国時代政治家景倩豫州潁川郡潁陰県(現在の河南省許昌市)の人。荀彧の第6子で、荀惲の弟、荀粲の兄に当たる。

生涯と後世の評価編集

幼少時から、姉の夫である陳羣に才能を評価された。司馬懿は少年時代の荀顗に会い「荀令君の息子だけのことはある。近頃、袁侃に会ったが、彼もやはり袁曜卿の息子だけはあった」と感嘆したという。その後、兄たちがいずれも早世したため、最終的に荀氏の家督を継承することとなった。

彼が荀氏の家督を継いだ頃、魏では司馬懿・司馬師父子による専横が始まっていた。彼は司馬懿と親密な関係にあったため、司馬師・司馬昭による簒奪に協力的であり、曹氏への忠誠を貫こうとした甥の陳泰にその姿勢を非難された。そして、毌丘倹の反乱を鎮圧したときの功績により、万歳亭侯に封ぜられ、後司空に任じられた。司馬昭の死後は司馬炎に仕えた。そして、祖父や父を支えた功臣の一人として司馬炎から高く評価され、臨淮公に格上げされ、侍中太尉に任じられた。

晋の成立後は、賈充とともに司馬衷(後の恵帝)を太子に推したり、その賈充の娘である賈南風(後の賈皇后)を、「貞淑で品性の優れた婦人」と言って太子妃に進めるなどして、権力の中枢に取り入った。太子妃に推された賈氏が、粗暴で傲慢、さらに人を害し、時に殺害するという残忍な人柄であり、これを理由に司馬炎が賈氏を廃そうとすると、真っ先に反対を上表した。

暗愚で有名だった司馬衷の補佐として、司馬炎の弟で人望篤く聡明な司馬攸が推されたときも、賈充に追従してこれを退け、斉王に封じさせた。さらには、「藩屏を衰退させて滅びた魏を鑑とする」との理由で、皇親の諸王たちを遠国に封じ、軍事権を含む諸権利を持たせて藩鎮とする、という計画を賈充が主導して持ち上げると、これを積極的に支持し、「呉楚七国の乱という悪しき先例がある」との強硬な反対を退け推し進めた。

荀顗は司馬懿・司馬師・司馬昭・賈充と、それぞれの権力者の懐刀として狡猾に立ち回り、名声と地位を重ねた。賈氏や皇親の諸王の活動が、西晋の滅亡に繋がる八王の乱の遠因となった点も皮肉である。

晋書』荀顗伝では、その人柄は「『三禮』に明るく儀礼に通じるが、筋道を質すような徳操を持っていない。荀勗と賈充の時代において、おもねっていただけである」と、手厳しい評価を下している。

三国志演義における荀顗編集

小説『三国志演義』では、司馬昭が長男の司馬炎か、次男の司馬攸のどちらを後継者にしようかと迷っていたとき、長幼の序から司馬炎の後継を進言している。