メインメニューを開く

荒井 祭里(あらい まつり、2001年1月18日 - )は、日本飛込競技選手。兵庫県伊丹市出身。身長150cm、体重39kg。甲子園学院高等学校卒業。武庫川女子大学在学中。

経歴編集

小学1年生から飛び込みを始める。JSS宝塚スイミングスクールで先輩の寺内健馬淵優佳板橋美波らとともに練習を重ねる。

高校時代は高校総体で高飛び込みを3連覇[1]日本選手権では2015年と2016年の10mシンクロ高飛込で佐々木那奈と組んで優勝し、2017年と2018年は10m高飛び込みで2年連続で優勝を果たした[2]

2018年ジャカルタアジア大会では、10m高飛び込みで5位[3]板橋美波と組んだシンクロ高飛び込みで4位に入った。

2019年光州世界選手権では10m高飛び込みで9位に入り2020年東京オリンピックの出場枠を獲得し、初めての五輪代表に決まった[4]

脚注編集

外部リンク編集