荒川五郎

荒川五郎

荒川 五郎(あらかわ ごろう、1865年8月8日慶応元年6月17日[1]) - 1944年昭和19年)8月3日[2])は、日本の政治家ジャーナリスト教育者広島県生まれ。

目次

経歴編集

1889年明治22年)、日本法律学校日本大学法学部の前身)に1期生として入学し、1893年(明治26年)に日本大学法律科を首席で卒業した。

日本大学教務主任中国新聞主筆等を経て、1904年(明治37年)3月、第9回総選挙で衆議院議員に当選。第9回~15回、第17回~19回の総選挙に当選。

全国私立学校協会理事長、日本大学理事、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一中学校・高等学校校長、日本高等鉄道学校長、憲政会政務調査会長などを歴任。

衆議院議員だった1906年(明治39年)、朝鮮半島を視察して記した『最近朝鮮事情』は20世紀初頭の朝鮮半島文化を伝える貴重な資料となっている。1930年(昭和5年)に著した『大廣島之創造』では故郷の広島の街づくりについて述べている。

日本大学第一学園初代同窓会長。[要出典]

脚注編集

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 『政治家人名事典』

参考文献編集

外部リンク編集