荘公(そうこう、紀元前?年 - 紀元前735年)は、の第12代君主。武公の子。衛にはのちにも同じく荘公と諡された君主がいる(荘公蒯聵)。

荘公 姫揚
第12代公
王朝
在位期間 紀元前757年 - 紀元前735年
都城 朝歌
姓・諱 姫揚
諡号 荘公
生年 不詳
没年 紀元前735年
武公

生涯編集

武公の子として生まれる。

武公55年(前758年)、父の武公が卒去したため、子の姫揚(以降は荘公と表記)が立った。

荘公5年(前753年)、荘公はの公女(荘姜)を娶って夫人とした。

彼女は美貌だったが子ができなかったため、荘公はまたの公女(厲嬀)を娶って第二夫人とした。ようやく彼女との間に子(孝伯)が生まれたが、早くに亡くなったため、今度は厲嬀の妹(戴嬀)を娶って第三夫人とし、姫完という子を授かった。

姫完の母である陳夫人(戴嬀)が死去したので、荘公は第一夫人である斉夫人(荘姜)に完を預けて養育させ、太子に立てた。また、荘公には寵愛するがおり、彼女との間にも州吁(しゅうく)という子を授かった。

荘公18年(前740年)、州吁が成人して兵戦を好んだので、荘公は彼を将軍に任命した。このとき上卿の石碏(せきしゃく)が諫言したが、荘公は聞き入れなかった。

荘公23年(前735年)、荘公が卒去し、太子の姫完が立った。

妻子編集

編集

  • 荘姜 - 斉の荘公の娘
  • 厲嬀(姉) - 陳の文公の娘
  • 戴嬀(妹) - 陳の文公の娘、太子完の母
  • 妾 - 州吁の母
  • 夷姜 - 妾。のちに宣公の妻となる。

編集

参考資料編集