荘公(そうこう)は、春秋時代の第13代の君主(在位前702年 - 前671年)。姓は姫、名は射姑、または夕姑。桓公の子として生まれた。紀元前703年、曹の世子として魯におもむいた[1]。紀元前702年、桓公の後をうけて曹国の君主となった。在位31年。釐公の父[2][3]

脚注編集

  1. ^ 春秋左氏伝桓公九年「冬,曹伯使其世子射姑來朝。」 s:zh:春秋左氏傳/桓公#桓公九年
  2. ^ 史記』管蔡世家第五「五十五年,桓公卒,子莊公夕姑立。莊公二十三年,齊桓公始霸。三十一年,莊公卒,子釐公夷立。」 s:zh:史記/卷035
  3. ^ 『春秋左氏伝』荘公二十三年「冬十有一月,曹伯射姑卒。」 s:zh:春秋左氏傳/莊公#莊公二十三年