メインメニューを開く

荘公(そうこう、紀元前706年9月24日 - 紀元前662年8月5日)は、春秋時代君主。名は同。桓公の子で、桓公の後を受けて魯国の君主となった。在位32年(紀元前693年 - 紀元前662年)。

荘公
王朝
在位期間 前693年 - 前662年
都城 曲阜
諡号 荘公
生年 紀元前706年
没年 紀元前662年
桓公
文姜
后妃 哀姜

経歴編集

桓公6年(紀元前706年)9月24日誕生。この日は父桓公と同じ誕生日であったことから、と名づけられる。

紀元前694年、桓公がで横死したのを受け、魯公の座に就き、12月に桓公を弔う。

荘公8年(紀元前686年)、斉の公子糾管仲が魯に亡命してきた。翌年、斉の桓公が兵を発して魯軍を撃破すると、魯は糾を殺害した。斉は魯に管仲の身柄をよこすよう要求した。魯の施伯は斉が管仲を重く用いようとしていると見抜き、魯の不利になるので管仲を殺すよう荘公に勧めたが、荘公は聞き入れず、管仲を斉にかえした。

荘公13年(紀元前681年)、荘公は斉の桓公と柯で会合した。このとき曹沬が桓公を脅し、斉が奪った魯の土地を返還するよう要求した。桓公が返還を約束すると、曹沬は桓公を釈放した。桓公は約束を破棄したいと考えたが、管仲の諫めを受けて、魯の土地を返還した。

荘公の夫人の哀姜は斉の人で、子がなかった。荘公は死に臨んで庶子の斑(あるいは般と作る)を後嗣に立てようとしたが、荘公の弟の叔牙が上の弟の慶父を立てるよう主張した。末弟の季友は斑の立嗣を支持して、荘公の名により叔牙に毒酒を飲ませて自殺させた。

荘公32年(紀元前662年)8月5日、荘公は病没する。享年45。これを受け、季友が斑を立てて魯君とした。10月、慶父が斑を殺し、荘公の庶子の啓を魯君とした。

家庭編集

父親:

  • 桓公姫允(第15代魯公)

母親:

兄弟:

  • 慶父(孟孫氏祖、共仲)
  • 叔牙(叔孫氏祖、僖叔)
  • 季友(季孫氏祖、成季)

妃:

  • 哀姜(第14代斉公・襄公の娘?)
  • 叔姜(同上・哀姜の妹、閔公母)
  • 孟任(魯の大夫党氏の娘、子斑母)
  • 成風(須句の公女、僖公母)

子女

紀年編集

参考文献編集

  • 韓兆琦『新譯史記讀本』、台北、三民書局、2008年2月初版
  • 程發軔『春秋人譜』、台北、台湾商務印書館、1995年1月二版