荘司 としお(しょうじ としお、1941年1月25日 - )は、日本漫画家長崎県出身。

略歴編集

中学生の頃から漫画を描き始める。中学卒業後、昼は炭坑で働き、夜に漫画を描く生活を送る。

1960年集英社の『おもしろブック』主催の漫画コンテストで『怪傑白マント』が佳作入選。その後上京し、貝塚ひろしアシスタントをしながら投稿を始める。1962年頃から漫画家として活動。代表作『サイクル野郎』が1971年から1979年まで『少年キング』で長期連載され、片山右京も愛読者であった[1]2019年現在、引退状態である[2]

主な作品編集

師匠編集

アシスタント編集

脚注編集

  1. ^ 【自転車】片山右京「僕が自転車にハマッたある人との出会い」|遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva
  2. ^ 逃亡「◯◯容疑者」が山口県周南市で逮捕、漫画「サイクル野郎」との驚くべき共通点 デイリー新潮 2018年10月1日

外部リンク編集