メインメニューを開く

菅原琢

菅原 琢(すがわら たく、1976年 - )は、日本の政治学者。専門は政治過程論計量政治学東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。蒲島郁夫に師事(今井亮佑は大学の同期にあたる)。

目次

経歴編集

東京都出身。私立開成高等学校から東京大学に進む。就職活動中に蒲島に大学院進学を勧められ、院試のために一年間留年した。

2001年3月に東京大学法学部を卒業し、大学院法学研究科修士課程専修コースに進学。2003年に専修コース修了、2006年3月に後期課程単位取得退学。4月より東京大学大学院法学政治学研究科研究拠点形成特任研究員となる。同年10月、東京大学先端科学技術研究センター特任助教授に就任。

2007年1月に同研究科博士後期課程を修了し、博士号を取得(法学:東京大学、甲第21956号)学位請求論文『中選挙区制と自民党政権 : 55年体制下における単記非移譲式投票の影響の計量分析』[1]

2007年4月に特任准教授、2012年に准教授を経て、2014年9月に研究センター准教授を離任した。

様々な媒体を通じて、日本政治に対する統計データを活用した評論活動を行っている。

著書編集

単著編集

脚注編集

外部リンク編集