メインメニューを開く

菅沼 定芳(すがぬま さだよし)は、江戸時代前期の譜代大名伊勢長島藩の第2代藩主。後に近江膳所藩主を経て、丹波亀山藩の初代藩主となる。

 
菅沼 定芳
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正15年(1587年
死没 寛永20年1月17日1643年3月7日
改名 向丸(幼名)→定好(初名)→定芳
別名 左近(通称)
戒名 大虚院殿無参円徹大居士
墓所 京都府亀岡市西堅町の宗堅寺
官位 従五位下、織部正
幕府 江戸幕府
伊勢長島藩主→近江膳所藩主→丹波亀山藩
氏族 菅沼氏
父母 父:菅沼定盈、母:普厳院(松平家次の娘)
養父:菅沼定仍
兄弟 定仍定成定芳田中吉官
正室:松平康元の娘徳川家康の養女
継室:三次一任の養女
定昭定実定房定方定賞定之、娘(小笠原長矩正室)
テンプレートを表示

生涯編集

天正15年(1587年)、菅沼定盈の六男として三河設楽郡野田にて生まれる。

慶長9年(1604年)から徳川家康に仕え、家康が隠居した後は徳川秀忠に仕えた。慶長11年(1606年)、長島藩の初代藩主であった同母兄の定仍が死去したため、家督を継いで長島藩の第2代藩主となる。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣においても参戦し、武功を挙げた。元和7年(1621年)、近江膳所藩に3万1千石で加増移封される。寛永11年(1634年)、1万石加増の4万1千石で丹波亀山藩へ移封される。寛永20年(1643年)1月17日に死去した。享年57。正室との間には先立たれた娘2人のみで、家督は庶長子の定昭が継いだ。