メインメニューを開く

菅生王(すげおいおう/すごうおう、生没年不詳)は、奈良時代皇族官位正五位下大膳大夫

経歴編集

天平宝字2年(758年淳仁天皇即位に伴って、無位から従五位下叙爵大監物少納言を歴任したのち、天平宝字7年(763年阿波守に任ぜられて地方官に転じる。

称徳朝に入ると、天平神護2年(766年)従五位上に叙せられる。翌神護景雲元年(767年)少納言に任ぜられ京官に復帰すると、光仁朝にかけてこれを勤め、宝亀3年(772年)2月に中務大輔を兼ねる。しかし、同年10月に小家内親王との姦通罪により、菅生王は除名(官位剥奪)、小家内親王は皇籍を剥奪される。

翌宝亀4年(773年)に早くも本位の従五位上に復すと、大蔵大輔・中務大輔を歴任し、宝亀9年(778年)には正五位下大膳大夫に叙任されている。

官歴編集

続日本紀』による。

参考文献編集

参照編集