メインメニューを開く

菅野 覚明(かんの かくみょう、1956年1月2日[1] - )は、日本倫理学者、曹洞宗僧侶皇學館大学文学部神道学科教授東京大学名誉教授専攻日本倫理思想史

人物編集

東京都生まれ。 1979年東京大学文学部倫理学科卒業
1981年同大学大学院人文科学研究科倫理学専攻修士課程修了
1985年同大学院博士課程退学、文学部助手1991年助教授
2005年東京大学人文社会系研究科教授。[2]
2013年皇學館大学文学部神道学科教授。[3]
2016年東京大学名誉教授[4]
他に神道史学・鈴屋学会・日本武道館評議委員会役員

受賞編集

著書編集

単著編集

共著編集

  • 宗教の倫理学』関根清三編・柳橋博之共著(丸善、2003年12月)
  • 『全訳注 葉隠』講談社学術文庫(全3巻)。訳・校訂代表(他は栗原剛・木澤景・菅原令子)、2017年9月-2018年11月

監修編集

  • 『用語集 倫理』山田忠彰共監修(清水書院 2000年8月)
  • 『用語集 倫理』山田忠彰共監修(清水書院 2006年1月)

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.311
  2. ^ 菅野 覚明 - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科
  3. ^ 『女子の心得』著者紹介
  4. ^ 名誉教授

外部リンク編集