菊崎 貫一(きくざき かんいち、1882年明治15年)9月28日[1] - 没年不明)は、日本商人(牛肉製氷[2]牛肉[3]生肉[4]皮革[5])、実業家、広島県多額納税[5][6][7]。菊崎牛皮筋骨類製造所、菊崎獣皮工場各代表[8]。族籍は広島県平民[4]

人物編集

広島県人・菊崎福次郎の三男[5]1910年分家して一家を創立した[5]。製皮業[6][7]屠牛業[9]を営んだ。貴族院多額納税者議員選挙の互選資格を有した[1]。住所は広島市福島町[2][5][10]

『全国工場通覧』によると菊崎貫一が代表の菊崎牛皮筋骨類製造所は「生産品目・牛皮で、開業年月は大正5年1月」、菊崎獣皮工場は「生産品目・牛皮、牛筋、牛爪その他で、開業年月は大正5年1月」である[8]。菊崎獣皮工場は「生産品目・牛皮、牛筋、牛爪その他で、開業年月は大正5年1月、代表者は菊崎貫一」である[8]。『帝国信用録 第25版 昭和7年』によると菊崎貫一の職業は「牛肉、製紙で、開業年月は「明治41年」である[10]

『商工資産信用録 第34回 鳥取県ほか』によると、菊崎貫一(調査年月・1932年7月)は「正身身代・不詳、信用程度・D、職業・牛肉製紙」である[11]。『商工人名録 昭和8年』には「営業種目・牛肉 屠畜、製紙、化製業、陸海軍用達、区別・製、、創業年月・明治43年」とある[12]

家族・親族編集

菊崎家 

脚注編集

  1. ^ a b 『貴族院多額納税者名鑑』485頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。
  2. ^ a b 『日本紳士録 第35版』広島8頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年5月14日閲覧。
  3. ^ 『日本紳士録 第28版』キ、ユ、メ、ミ之部29頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。
  4. ^ a b 『人事興信録 第7版』き60頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h 『人事興信録 第8版』キ39頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。
  6. ^ a b 『日本紳士録 第35版附録』附録 全国多額納税者 広島県62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年5月13日閲覧。
  7. ^ a b 『日本紳士録 第31版』付録 全国多額納税者 広島県60 - 62頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。
  8. ^ a b c 『全国工場通覧』681、686頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年12月22日閲覧。
  9. ^ 『日本紳士録 第41版』キ、クの部8頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月27日閲覧。
  10. ^ a b 『帝国信用録 第25版 昭和7年』広島36頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年7月9日閲覧。
  11. ^ 『商工資産信用録 第34回 鳥取県ほか』広島県き之部46頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年12月10日閲覧。
  12. ^ 『商工人名録 昭和8年』16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年12月25日閲覧。

参考文献編集

  • 交詢社編『日本紳士録 第28版』交詢社、1924年。
  • 織田正誠編『貴族院多額納税者名鑑』太洋堂出版部、1926年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第31版』交詢社、1927年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 商工省大臣官房統計課編『全国工場通覧』日刊工業新聞社、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版』交詢社、1931年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第35版附録』交詢社、1931年。
  • 帝国興信所『帝国信用録 第25版 昭和7年』帝国興信所、1932年。
  • 『商工資産信用録 第34回 鳥取県ほか』商業興信所、1933年。
  • 広島商工会議所編『商工人名録 昭和8年』広島商工会議所、1933年。
  • 交詢社編『日本紳士録 第41版』交詢社、1937年。