メインメニューを開く

広島商工会議所(ひろしましょうこうかいぎしょ、英語: The Hiroshima Chamber of Commerce and Industry)は、主に広島県広島市内において営業している商工業者・団体で運営されている商工会議所

広島商工会議所
The Hiroshima Chamber of Commerce and Industry
Hiroshima Chamber of Commerce and Industry building.jpg
広島商工会議所ビル
設立年 1891年明治24年)1月12日[1]
法人番号 9240005001770
地位 商工会議所法に基づく
本部 広島県広島市中区基町5-44
座標 北緯34度23分47.8秒 東経132度27分12.7秒 / 北緯34.396611度 東経132.453528度 / 34.396611; 132.453528座標: 北緯34度23分47.8秒 東経132度27分12.7秒 / 北緯34.396611度 東経132.453528度 / 34.396611; 132.453528
会長 深山英樹(会頭)
ウェブサイト http://www.hiroshimacci.or.jp/
過去名 広島商業会議所
2012年現在
広島商工会議所ビルディング
情報
設計者 日建設計工務(現日建設計[2]
施工 藤田組(現フジタ[3][2]
建築主 広島商工会議所[2]
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造[2]
敷地面積 1,785.19m2 [2]
建築面積 1,247.38m2 [2]
延床面積 13,858.57m2 [2]
階数 塔屋2階
地上9階
地下2階[2]
高さ 46m [4]
着工 1964年(昭和39年)1月[3]
竣工 1965年(昭和40年)10月1日[3][2]
所在地 730-8510
広島県広島市中区基町5-44
座標 北緯34度23分47.8秒 東経132度27分12.7秒 / 北緯34.396611度 東経132.453528度 / 34.396611; 132.453528
備考 1967年BCS賞受賞[3]
テンプレートを表示

目次

概要編集

神戸名古屋岐阜に次いで、東京および大阪と同日に認可をうけた日本の中でも初期から活動している商工会議所である[1]。「青年会」および「女性会」の他に、広島市は日本有数の支店経済都市であることから「支店長会」という珍しい組織もある。

広島市の中区西区南区東区(温品、上温品、馬木、福田地区を除く)、安芸区阿戸町を対象とする。

2009年平成21年)3月末現在の会員数は、9382会員[1]

沿革編集

主要人事編集

役員編集

2012年5月現在。

氏名 出身 備考
会頭 深山英樹 広島ガス代表取締役会長
副会頭 山木勝治 マツダ特別顧問
小畑博文 中国電力取締役副社長
蔵田和樹 広島銀行専務取締役
伊藤學人 イトー代表取締役社長
佐々木尉文 お多福グループ会長
専務理事 谷村武士

歴代会頭編集

本所編集

商工会議所(左)と県商品陳列所(中央)の絵葉書。下の文字表記および商工会議所の状況から、1921年から1924年頃と推定される。
原爆投下前の爆心地模型。右下のL字の建物が商工会議所。すぐ上の建物が旧本所で、当時日赤広島支所。
被爆後の市中心部ジオラマ。
相生橋から見た商工会議所。1946年米軍映画撮影隊(三村明)撮影。
1988年の広島平和記念公園周辺。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成 右上が旧市民球場でその左下が商工会議所。そこからすぐ下に原爆ドームが見える。

初期編集

開所準備にあたり、市内中心である中島本町に事務所をおいた[8]。のち正式開所した後は大手町の商工供楽部内に置く[5][8]。ただ広島が急速に発展していく中で手狭となったことから新築移転することになった[9]

1907年(明治40年)、猿楽町(現大手町1丁目)の元安川縁の相生橋袂の旧陸軍倉庫跡に、木造2階建として新築移転した[5][8][9]。のち1924年(大正13年)、本所北側に鉄筋コンクリート構造の建物を増築する[5][8][10]

なお、当時本所の南に広島県物産陳列館(現原爆ドーム)が建てられているがこれは県所有のものであり、商工会議所はそれとは別に1926年(大正15年)広島駅前に「広島特産品陳列即売所」を建てている[8][11]

広島市の都市化に伴い商工会議所の業務が拡大し本所が手狭となっていったことから、本所の新築移転が決まり、1936年(昭和11年)初代の本所は日本赤十字社広島支部に売却された[5]

二代目編集

1933年7月、改築調査委員会を設置、相生通りを挟んだ北にあった招魂社広島護国神社)の跡地を購入し、そこへ新築移転することに決定した[5]

当初は今井兼次が設計を担当していたが、資金難のため規模縮小して建てることになり、小田能清市役所技師の案が採用されることになった[5]。1935年4月着工、1936年4月竣工、施工は藤田組(現フジタ[5][3]。L字型の東館と西館と2つの建物からなり、地上4階地下1階建のRC造、東館に市内を一望できる展望台を備えていた[5][3][12]

1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下。ここは爆心地から260m離れたところに位置し、ほぼ真上から原爆の影響を受けている[12]。外郭は残ったものの、屋根は壊れ、1階の床は30センチメートルほど凹んでいる[12]。内部は1階の一部を残して全焼し、当時働いていた28人の職員は全員死亡した[12][5]

現在、アメリカ軍や日本映画社や民間人が撮影した被爆後の爆心地周辺の空中写真が多く残っているが、それらはここの展望台から撮影されたものである。

戦後1946年、応急処置が完了した[5]。1948年、荒廃した広島で新たな観光施設として「原爆記念保存物」として指定され、国外からの観光客の多くがここを訪れた[13]。その後も補修され使われていたが、老朽化により同地にビルを建て替えることになったことから、1964年に解体された[12]

現在編集

1965年10月1日、広島商工会議所ビルディングが竣工。1967年第8回BCS賞を受賞[2]。広島の建物で初めて、アースドリル工法杭基礎や外壁にカーテンウォールが採用され、原爆ドームに近いことから細心の注意を払って工事が行われた[3]

2008年8月、旧市民球場跡地再開発計画が発表され、広島平和記念公園・原爆ドーム・広島市中央公園(旧市民球場)の利便性の抜本的な見直しが提案された[1]。その中で原爆ドームが世界遺産に登録されて以降その周辺の景観性が重視されだした[14]ことから、本所の移転が検討されるようになった[1]。2013年春に移転・新築する方向で進めていたが、2011年5月27日広島市が旧市民球場跡地の利用計画の見直しを表明したため計画も延期すると発表した[15]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 広島商工会議所中期行動計画(本報告)
  2. ^ a b c d e f g h i j 日本建設業連合会
  3. ^ a b c d e f g フジタのある街> 広島商工会議所【広島】”. フジタ. 2012年5月6日閲覧。
  4. ^ ドーム周辺高さ基準 私たちも考えなければ中国新聞 2006年12月3日社説)
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 広島の原爆遺跡と碑
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 五十年史, pp. 609-633.
  7. ^ a b c 五十年史, p. 198.
  8. ^ a b c d e 広島商工会議所『広島商工案内』、1929年。2014年6月26日閲覧。
  9. ^ a b 五十年史, p. 182.
  10. ^ 五十年史, p. 191.
  11. ^ 五十年史, p. 195.
  12. ^ a b c d e 広島県商工経済会”. RCC中国放送 被爆60年ヒロシマの記憶. 2012年5月6日閲覧。
  13. ^ 広島平和記念都市建設法と平和への歩み”. 広島市. 2012年5月6日閲覧。
  14. ^ 原爆ドーム近くマンション建設”. 読売新聞 (2006年5月8日). 2012年5月6日閲覧。
  15. ^ 『商議所ビル移転 延期』中国新聞 2011年5月27日朝刊 7ページ(紙面)

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集