メインメニューを開く

菊川温泉(きくがわおんせん)は、山口県下関市菊川町大字下岡枝にある温泉

Hot springs 001.svg 菊川温泉
温泉情報
所在地 山口県下関市菊川町大字下岡枝
座標 北緯34度7分49.5秒 東経131度2分5.5秒 / 北緯34.130417度 東経131.034861度 / 34.130417; 131.034861座標: 北緯34度7分49.5秒 東経131度2分5.5秒 / 北緯34.130417度 東経131.034861度 / 34.130417; 131.034861
交通 JR山陽本線小月駅からバス
泉質 炭酸水素塩泉(ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉)
泉温(摂氏 32.8 ℃
pH 8.2
液性の分類 弱アルカリ性
浸透圧の分類 低張性
温泉施設数 2
外部リンク http://www.oidemase.or.jp/tourism-information/spots/10683
テンプレートを表示
菊川温泉の位置
菊川温泉の位置
菊川温泉
菊川温泉の位置

泉質編集

山口県内では珍しい泉質で、ナトリウムイオン・炭酸水素イオン・メタケイ酸を多く含んでおり、とろみのある浴感で、温泉評論家の郡司勇も「素晴らしい」と評価している。[1]

温泉街編集

日帰り入浴施設である「きくがわ温泉華陽」と、宿泊が可能な「サングリーン菊川」の2軒の温泉施設がある。また、付近には温泉を利用したプール施設もある。同じく付近の「道の駅きくがわ」では地域の特産である菊川そうめんなどの食事・購入が可能である。

アクセス編集

歴史編集

菊川温泉の泉源は、かつては旧豊東村大字上保木湯谷にあり、湯谷温泉ともいわれていたが、施設の老朽化や湯量の減少により一時衰退した。大正7年(1918年)に有志により岡枝鉱泉営業合資会社が結成され、上保木から菊川町大字下岡枝船場に源泉を管送し浴場をつくり、のちに浴場を改装・整備のうえで会社を解散し地域所有のものとし、昭和32年(1957年)に竣工式を挙げた。その後、昭和37年(1962年)に湯の原ダムの西岸で掘削が行われて源泉が湧出した。現在の源泉は、平成2年(1990年)に新たに掘削された「新菊川温泉」である。

参考文献編集

  • 豊浦郡小学校長会編『豊浦郡郷土誌』(聚海書林、1984年、初出1926年)。
  • 菊川町教育委員会編『菊川町史』(菊川町教育委員会、1970年)。
  • 菊川町教育委員会編『菊川町史』三(菊川町、2005年)。
  • 『山口の温泉郷』(ザメディアジョン、2007年)。

外部リンク編集