メインメニューを開く

下関駅

日本の山口県下関市にある西日本旅客鉄道・九州旅客鉄道・日本貨物鉄道の駅

下関駅(しものせきえき)は、山口県下関市竹崎町四丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)・九州旅客鉄道(JR九州)・日本貨物鉄道(JR貨物)山陽本線である。旅客駅の施設そのものはJR西日本が管理しており、構内にJR貨物のヤードが存在する。事務管コードは▲800658[広報 1]

下関駅
Shimonoseki station 20150502.JPG
東口駅ビル(2015年5月2日)
しものせき
Shimonoseki
幡生 (3.5km)
(6.3km) 門司 JA52
所在地 山口県下関市竹崎町四丁目3-1
駅番号 JA  53 (JR九州)
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
九州旅客鉄道(JR九州)
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 JA 山陽本線
山陰本線直通含む)
キロ程 528.1km(神戸起点)
京都から山陰本線経由で677.3km
電報略号 セキ
駅構造 高架駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
10,381人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1901年明治34年)5月27日
備考 JR西日本直営駅(事実上の管理駅
みどりの窓口
1902年に馬関駅から改称。
会社境界駅(JR西日本の管轄駅)
幡生方 - JR西日本
門司方 - JR九州
テンプレートを表示
下関駅の位置
下関駅の位置
下関駅の
位置
下関駅の位置
放火による焼失前の下関駅舎
放火による焼失前の下関駅舎
放火後やや南寄りに竣工した東口ビル
放火後やや南寄りに竣工した東口ビル
下関駅東口駅前
下関駅東口駅前
新西口(2016年2月22日)
新西口(2016年2月22日)
ホーム
ホーム

概要編集

本州の最西端・下関市の中心駅であり、本州の瀬戸内海側を走る山陽本線、日本海沿岸を走る山陰本線、そして関門トンネルを通り九州へと渡る列車のジャンクションとして機能している。構内にはJR西日本下関総合車両所運用検修センターがある。

1987年国鉄分割民営化以降、当駅はJR西日本とJR九州の境界駅となった。路線としては当駅は山陽本線の中間駅であるが、当駅より本州側の神戸駅までがJR西日本、九州側の当駅 - 門司駅間の1駅間がJR九州の管轄となった。両社の会社境界は関門トンネルの下関側入口付近にあり、駅構内はJR西日本の所属になる。JR九州では当駅にJA53駅番号を設定している。山陽本線は両方面ともJR貨物が第二種鉄道事業者として貨物営業を行っており、当駅構内に貨物施設も設けられている。また、JR西日本に所属する山陰本線の終点は1駅隣の幡生駅を終点としているが、同駅を通る全列車が山陽本線経由で当駅に乗り入れている。

以前は「にちりん」「いそかぜ」等の特急列車、多数の東京大阪 - 九州間のブルートレインが発着していたが、2009年3月14日(当駅基準)の下り「富士はやぶさ」を最後に当駅発着の定期優等列車は廃止となった。

2017年(平成29年)6月17日に運行を開始した団体専用列車TWILIGHT EXPRESS 瑞風」において、1泊2日コースの発着駅となった[1][広報 2]

普通列車に関しては、JR九州の列車は本州側の直流電化と九州側の交流電化の両方に対応した415系電車で運転されており、門司駅を経由して鹿児島本線小倉駅まで直通する運転が大半を占め、一部の列車は小倉駅経由で日豊本線行橋宇佐方面や鹿児島本線博多方面へ乗り入れる。かつてはこれらの各路線に直通する普通列車が本州側の新山口駅(旧・小郡駅)から運行され、一部は宇部線経由列車も存在していた。また、山陰本線の気動車列車が関門トンネルに入る運用もあったが、2005年10月のダイヤ改正で普通列車はすべて当駅で系統分割された。そして前述のブルートレインの廃止により、山陽本線も含めて当駅以降を直通運行する定期旅客列車は設定されていない。2009年3月までは当駅から九州側への列車の半数以上が日豊本線に直通していたが、2009年3月のダイヤ改正により、日中の日豊本線の列車は小倉駅始発が基本となり、当駅からの九州方面の列車は当駅 - 小倉駅間の折り返し運転が基本となった。2017年4月現在長距離列車として、下関駅大分駅着の列車が設定されている。2018年3月17日のJR九州のダイヤ改定では当駅 - 門司駅間の普通列車の運行本数(平日)が全体の1割を超える1日当たり13本減便され112本となった。

JR西日本の直営駅であり、山陽本線の厚狭駅 - 当駅間と山陰本線の小串駅 - 綾羅木駅間を管轄する下関地域鉄道部の最寄り駅でもある。下関駅構内の運行管理は当駅で行なっている運転取扱駅である。ホーム・駅舎の管理および駅業務はJR西日本が担当するが、JR九州との境界駅であるため、JR九州の集札システム変更の影響を受けている(後述)。

2009年 - 2013年にかけて駅構内および駅周辺の大幅な改修工事が順次進められた(詳細後述)。

新幹線との接続編集

山陽新幹線は当駅を経由していないが、新幹線の停車駅である2駅隣の新下関駅とは山陽本線で9分、同じく2駅隣の小倉駅とは山陽本線・鹿児島本線を用いて15分程度で連絡している。当駅でも新下関駅・小倉駅の新幹線時刻表が掲示されているが、全般的には全列車が停車する小倉駅への利用者が多い(遠回りとなる上り列車でも、特に広島岡山新大阪方面はその方が速達性に優れているため)。小倉駅から新幹線を利用する北九州市内発着の長距離切符や特別企画乗車券なども当駅で販売されている(この場合、門司までの乗車券大人220円が別途必要。当駅にその旨の掲示がある)。なお当駅の窓口はJR西日本管轄であるため、2枚きっぷ・4枚きっぷなどのJR九州独自の特別企画乗車券は発売されていないが、当駅より利用することは可能である。

歴史編集

当時は現在より東、細江町に位置していた。駅名は、当時の市名である赤間関(あかまがせき)の略称、「馬関」に由来する。当初より、対九州・朝鮮半島連絡を担う拠点駅の位置づけをされ、関門連絡船関釜連絡船の発着駅となる。
 
1930年頃の下関駅
 
放火事件後の暫定復旧時の駅舎(2007年5月)
  • 2009年(平成21年) 3月14日 - JRグループダイヤ改正。この日の下り「富士はやぶさ」を最後に下関発着の優等列車全廃。普通列車(快速含む)のみ停車の駅となり、同時に当駅を跨いで運転される定期列車が全廃された。
  • 2011年(平成23年)3月5日 - ICカードSUGOCAの利用を開始。
  • 2014年(平成26年)3月16日 - 新駅舎(JR下関駅ビル)の使用開始[3]
  • 2015年(平成27年)3月22日 - 駅のリニューアル1周年にあわせ、振鈴(しんれい・ハンドベル)のレプリカが東西連絡通路に設置される。
  • 2017年(平成29年)6月17日 - 「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が運転を開始し、1泊2日コースにおいて当駅発着となる[1][広報 2]


駅構造編集

構内(2016年2月22日)
構内(2010年5月22日)
構内(2003年8月10日)

高架駅で、島式3面6線のホームを持つ。かつて長大編成の優等列車が多く発着していたためホームは長く、タイル張りの洗面所やレール造りの長い屋根、テルハの痕跡が全盛期を偲ばせる。

ホームからの階段は北端のみにある。各ホームからの階段からつながる中2階レベルに改札口。改札前が駅前人工地盤に直結された東西自由通路を兼ねたコンコースで、改札前の階段・エスカレーターをさらに降りた1階にも東西自由通路があり、地上出口は西口、東口、北口の計3ヶ所にある。中2階からホームへの階段は全てエスカレーターが併設されており(3,4番ホームから中2階間は下り限定運用、それ以外は基本的に上り限定運用)、エレベーターが全ホームの新下関駅側に設置されている。

改札口はもともと1階にあり、中2階が改札内コンコースとなっていたが、駅再開発に伴う駅舎改良工事[広報 4]にあわせて、2012年3月に元々の位置から西口寄りに移動後、2013年5月に中2階レベルに移動している。

のりば編集

のりば 事業者 路線 方向 行先 備考
3   山陽本線 下り 九州方面 実際には終着となる下り列車の降車専用
山陰本線からの直通を含む
4
6 上り 新山口防府方面  
7・8 朝の一部列車のみ
  JA 山陽本線 下り 九州方面  
9   山陰本線 上り 小串長門市方面  

東端の1番線が下り通過線、西端の10番線が上り通過線となっており、機回し線の2・5番線と共にホームが無い。従ってホームは3・4番のりば、6・7番のりば、8・9番のりばとなる。なお、3・4番のりばはかつて本州から九州へ直通する列車が使用していたが、現在は基本的に3番のりばは山陰本線から、4番のりばは山陽本線新山口方面からそれぞれ到着し、車庫(下関総合車両所)に引き上げる列車のみが使用する降車専用ホームとなっており、通常の乗降には残りの2面4線が多く用いられる。駅舎改良工事により4・6・7・8番ホームの一部(4両分)を電車用にかさ上げする工事が進められた[広報 4]結果、山陽本線の上り列車は6番のりば(一部7・8番のりば)発、山陽本線の下り列車は7・8番のりば発着、気動車を使用する山陰本線の列車は原則として9番のりば発に集約された。『TWILIGHT EXPRESS 瑞風』も3番のりば着・9番のりば発となる。なお、下関駅で折り返す観光列車『○○のはなし』に限り、上下とも6番のりば門司方のかさ上げされていないホームに停車する。

発車標は改札口正面に方向別の、ホーム階段上にホーム別のものが掲げられている。発車標は駅舎改良の際にLED式が用いられている[広報 4]。小倉方面と新山口・小串方面との乗り継ぎに配慮し、同一ホームでの乗り換えを原則とするダイヤとなっていることから、発車ホームは一定していない(一部例外あり)。なお、2011年3月までの発車標は1階改札口上・ホーム階段上に2列車表示タイプの幕式が設置され、中2階部分には改札口上の発車標をカメラで映し、列車の発着時刻が確認しやすいように表示するプラズマディスプレイが設置されていた。2011年3月にホーム上の発車標がLED式に変更された際に、中2階の発車標がカメラ表示からコンピュータ画面表示に切り替えられた後、2013年の改札口移設の際に中2階の発車標もLED式に変更された。

改札内のトイレは中2階(8・9番のりば行きエスカレータ横)、3・4番のりば門司駅側、8・9番のりば新下関駅側に、改札外のトイレは北口の脇にある。

2019年3月改正で、接近メロディが米子支社と同じタイプの物に変更されている。

三角屋根編集

 
下関旧駅舎(2002年8月22日)。

歴史節にもあるように、1942年(昭和17年)の関門トンネル開通に伴い駅東口に建てられた駅舎は、青い三角屋根が特徴となっていた。市民や旅行者から愛着を持たれていたが、2006年(平成18年)1月に発生した下関駅放火事件により焼失。 古い建造物のため、幾度となく補修等が施されていたが、主要駅の木造建築による三角屋根としては、焼失時点で最古のものだったと言われている。新駅舎でも、正面デザインはガラスを使った三角屋根風となっている。

振鈴編集

 
振鈴のレプリカ(2016年2月22日)

振鈴(しんれい)は、明治時代後期に駅で列車の発車の際に使われていた大型の鈴である。下関駅の振鈴は1901年の開業から代々引き継がれており、手振りの振鈴が現存するのは当駅だけとなっていた。先述どおり、放火で当駅舎が焼損し、振鈴も行方不明となっていたが、3日後の1月10日にがれきの下から発見された。木製の箱や取っ手は焼失、金属製の部分はすすで黒こげになっていたものの、音色はそのまま残されていた。焼けた部分は、三角屋根の焼け残った柱の一部を切り出して加工・修復し、事件の資料として保管されている。2011年6月1日には、「電化50周年記念列車」発車の際に駅長により鳴らされた。2015年3月、駅のリニューアル1周年にあわせ、レプリカが東西連絡通路に設置された。

自動改札機・ICカード編集

2003年12月1日に自動改札機を初導入。既に自動改札機が普及していたJR九州線(小倉方面)の乗客を想定したものである。2011年3月5日より、JR九州線(小倉方面)に限りSUGOCAエリアに含まれる[広報 5]。SUGOCAチャージ機が改札内に存在する一方、JR西日本(ICOCA事業者)が(旅客)駅業務全般を行っていることや、下関駅周辺のJR西日本エリア(山陽本線(南岩国駅以西)・山陰本線(出雲市駅以西)・宇部線小野田線など)がICOCAを導入していない関係で、出札口・券売機でのSUGOCA・ICOCA取扱は行わない(精算窓口で不足額の現金処理のみ対応する)。ICOCAエリアにおいてICカードの履歴を印字した場合、当駅乗下車に限り、事業者名ではなく駅名が印字される。

JR西日本系列の店舗・自動販売機(セブンイレブンハートイン、自動販売機)およびyoumeマートではICOCA電子マネーを導入している[広報 6]

貨物駅編集

JR貨物下関駅は旅客駅の南側、下関港付近の下関市東大和町2丁目7-7に位置する。下関総合車両所運用検修センターの本線をはさんで向かい側(本線の東側)にある。

取扱貨物

駅構造

  • 2面のコンテナホーム、2本のコンテナ荷役線を有する。また営業窓口であるJR貨物下関営業所を併設する。
  • 下関港第二突堤へ続く構内側線が存在していたが、現在は駐車場や商業ビルなどに敷地が転用され僅かながら痕跡が残っている。
  • 貨物駅と日本通運下関支店の間の抜けU字状に西へ回り込む、駅西側の岸壁に続く構内側線も存在し港で陸揚げされた鮮魚を都市圏へ発送する機能を有していた。この側線の終端付近が旧・下関港駅である。

駅弁編集

かつては下関駅弁当株式会社が駅弁の製造・販売を手がけていた。同社は2010年(平成22年)7月に徳山駅弁当とともに小郡駅弁当と合併し、消滅した。過去に小郡駅弁当が販売していた主な駅弁は下記の通りである[4]

  • ふく寿司(土曜・休日のみ)
  • みすゞ潮彩弁当(土曜・休日のみ)

利用状況編集

1日の平均乗車人員は以下の通り[広報 7]で、山口県の駅では最も乗車人員が多い。山口県の統計による2017年の年間利用客数は378万9013人[広報 8]


駅周辺編集

 
下関駅周辺(海峡ゆめタワー展望室より)

下関駅北側を、南北に高架で通過する山陽本線と直交する形で国道9号が通過しており、高架下そばの下関駅西口交差点が国道9号の終点となる。道路は北西方向と南方向に分岐し、北西方向が国道191号(下関駅西口が起点)、南方向が彦島に向かう山口県道250号南風泊港線(下関駅西口が終点)となっている。

竹崎町細江町を始めとする下関駅周辺は西部地区ともよばれ、唐戸 (東部地区) ともに下関市の中心市街地を構成する。ただし中心業務地区と呼ぶべき区域は国道沿線(とくに国道9号沿線)に限定され、駅北側には丘陵地上に昔からの住宅地や低層商業地が混在し、南側には埋立により造成されたエリアに港湾関連施設(下関港下関漁港)などが広がる。

1889年の赤間関市発足時、当時の中心市街地は唐戸周辺に限定され、現在の駅周辺は純粋な港町であった。馬関駅開業 (1901年) 、駅舎現在地移転 (1942年) により中心市街地は西に拡大し、駅舎の東側に山口銀行本店が移転したこと (1965年) で駅周辺の経済的な拠点性は高まった。下関駅の西側には下関漁港があり捕鯨基地として栄えたが、商業捕鯨の縮小・停止および遠洋漁業の衰退にともなって下関漁港の盛況も影を潜めた。加えて、駅西側にあった下関大丸シーモール下関1977年) の核店舗の一つとして駅東側に移転したため、多くの人で賑わった駅西側はすっかり寂れることとなった。シーモールは下関市の内外から多くの客を集めたものの、人の流れは駅とシーモールの狭い範囲に限定したものであったため、結果的に駅東側周辺にあるグリーンモールや豊前田といった商店街の客をも奪う形となり、これら商店街の衰退をもたらした。近年、国鉄清算事業団の所有していた細江地区貨物ヤード跡地の再開発が進み、山口県国際総合センター(海峡メッセ下関)オープン (1996年) を皮切りに大型店舗等が進出した。

商店・飲食店・娯楽施設編集

観光編集

下関駅周辺から唐戸海響館など)・壇ノ浦までの区間が観光周遊コースとなっている。

企業・金融機関編集

本社・本店

金融機関の支店

ほかの企業

国際航路編集

その他編集

文教

公共施設

官公署・郵便局

主な宿泊施設

主なその他の施設

駅前人工地盤編集

 
駅前人工地盤広場

下関駅の東側には人工地盤が設けられている。下関駅は高架駅であり、一階に改札口・駅舎玄関があるため、駅を下車した利用客が人工地盤を利用する場合、ホームから改札口まで降りたのち、再び人工地盤に上がって移動することになる。1994年の完成当初、そうした構造上の難点に加え、人工地盤に直接接続する建物がないため、従来からある地下歩道を利用し続ける人が多く、人工地盤は閑散とした状況であった。のち、細江地区再開発事業の進行とともに、人工地盤が延伸されたり、接続口・昇降階段・エスカレーター等が増設されるにつれ、ある程度利便性が高まった。現在では、シーモールや下関港国際ターミナルなど駅周辺施設に直接接続するほか、シーモール経由で下関市民会館に行くことも可能となっている。下関駅周辺の再開発事業では、新駅ビルに人工地盤が直結する構造となっている(詳しくは#再開発事業)。

なお、かつては人工地盤に対峙するところにデジタル時計塔 (下関市が設置・管理) があった。しかし、故障のため時計・天気予報が表示されなくなり、予算上の問題から修理されることなくしばらくの間放置された。やがて、時計盤の部分が撤去され、歓迎塔(2006年〈平成18年〉完成。四ヶ国語で「ようこそしものせきへ」と書かれている。)に生まれ変わり、現在に至っている。

バスターミナル編集

 
下関駅前バスターミナルに到着した「ふくふく大阪号」

東口駅前広場には出札窓口と9本10面の乗り場を持つバスターミナルがある[広報 9]。市内に本社を置くサンデン交通の運行上の拠点となっており、市内循環系統と市内 - 彦島直通系統を除くほとんどの系統が下関駅始発・終着となっている。駅前人工地盤設営とほぼ同時期に11箇所の乗り場が整備され(当時は下関駅終着便はバスターミナルに乗り入れず、国道9号上の山口銀行本店前の降り場が終点となっていた)、再開発事業の進捗にあわせて2014年12月8日から変更[広報 10](このときから降車便も駅前ターミナル内に乗り入れて開始)され、現在の形となっている。なお、福岡行き高速便は東口ターミナルではなく、下関駅南口交通ターミナル(シーモール下関シネマコンプレックス棟1階)の南A乗り場から発着する。

路線の詳細についてはサンデン交通の該当項目を参照のこと。

  • 1番乗り場:国道線(長府小月方面)
  • 2A乗り場:山口宇部空港連絡バス
  • 2番乗り場:国道線(美祢宇部長門方面)
  • 3番乗り場:北浦線(唐戸東駅経由綾羅木安岡川棚温泉方面)、山の田循環(唐戸回り)、豊町線(唐戸・東駅経由大学町・川中豊町方面)
  • 4番乗り場:新下関線(唐戸・東駅経由新下関内日方面)、市内循環(唐戸回り)、唐戸・東駅経由幡生駅方面
  • 5番乗り場:丸山線(丸山町経由幡生駅・安岡方面、丸山循環(丸山回り))
  • 6番乗り場:筋川・武久経由(綾羅木・安岡方面、大学町・川中豊町方面)、山の田循環・丸山循環・市内循環(筋川回り)、高尾線(関西通・丸山町経由唐戸方面)
  • 7番乗り場:彦島(西山)方面
  • 8番乗り場:彦島(江の浦)方面
  • 9番乗り場:無料送迎バスボートレース下関小倉競輪場

再開発事業編集

 
再建中の下関駅駅舎

2006年1月の下関駅放火事件により焼失した駅舎の再建を兼ねた事業として、下関市が駅周辺の再開発事業「下関駅にぎわいプロジェクト」を2009年からの5年計画で実施している。

国の社会資本整備総合交付金を活用するもので、主な事業として以下の内容が盛り込まれている[広報 11]

  • 東口の旧駅舎跡地のやや南側、下関大丸北隣に地上3階建ての新駅ビル(JR下関駅ビル・仮称)を建設。
  • ジェイアール西日本不動産開発が事業主体となる民間事業で、1階・2階は中国SC開発が運営する、20代から40代の女性をメインターゲットとしたショッピングセンター「リピエ」[広報 12]、3階は次世代育成支援拠点施設「ふくふくこども館」として市が権利を買い上げる形となる。
  • 新駅ビルの南、旧下関鉄道病院(下関地域鉄道部が入居)跡地に再開発ビルを建設。
  • シーモール下関を運営する下関商業開発が事業主体となる民間事業で、1階は市が新たに整備する南口駅前広場(JR下関駅南口交通ターミナル・仮称)となり、その上に地上3階建てのシネマコンプレックスの入居する「シネマ棟」と5階建ての立体駐車場を整備する[5]
  • 東口の旧駅舎跡地を駅前広場にとりこみ、駅前広場(バスターミナル)を拡張。西口も駅前広場の配置を見直してタクシーブースを拡張。
  • 駅高架下の「中二階」相当に東西連絡通路を新設(二階部分にあたる人工地盤とは駅ビル内の階段・エスカレーター・エレベーターで接続する)。
  • これに伴い、駅関係施設(自動券売機・改札口など)も1階から中2階に移設される。

以上のうち、新駅ビルと東西連絡通路については2014年3月16日にオープンした[広報 12][3]

これと並行して、JR西日本も改札口移設・ホームかさ上げ(前述)をはじめとする駅舎改良と共に駅改札口正面の高架下(1階)再開発を行っており、2013年3月には「下関駅名店街」がリニューアルされ、従来の土産物店等に替わってイズミの展開するスーパーマーケット「youmeマート」がオープンした[広報 13]

隣の駅編集

西日本旅客鉄道
山陽本線・山陰本線(山陰本線は幡生駅 - 当駅間山陽本線)
幡生駅 - 下関駅
九州旅客鉄道
JA 山陽本線
下関駅 (JA53) - 門司駅 (JA52)

かつて存在した路線編集

鉄道省(国有鉄道)
山陽本線貨物支線
下関駅 - (貨)下関港駅
山陽電気軌道
長関線
茶山口電停 - 下関駅電停
大和町線
下関駅電停 - 駅西口電停

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b 広島敦史、宮山大樹 (2017年6月17日). “「瑞風」感動運んで 萩・下関、一番列車に歓迎の人波”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 夕刊 8 
  2. ^ 「鉄道記録帳2003年12月」『RAIL FAN』第51巻第3号、鉄道友の会、2004年3月1日、 25頁。
  3. ^ a b “「リピエ」にぎわい発信源に JR下関駅ビルにグランドオープン”. 山口新聞. (2014年3月17日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2014/0317/2p.html 2014年3月18日閲覧。 
  4. ^ 『JR時刻表』2015年3月号、交通新聞社、2015年、 265頁。
  5. ^ “下関駅前、シネコン起工式 来年3月末開業予定”. 山口新聞. (2013年2月27日). http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2013/0227/7p.html 2013年10月14日閲覧。 

広報資料・プレスリリースなど一次資料

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ a b 瑞風の旅・コース”. TWILIGHT EXPRESS 瑞風 MIZUKAZE. 西日本旅客鉄道. 2015年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月9日閲覧。(山陽コース(上り))
  3. ^ 「停車場改称」『官報』1902年5月15日(国立国会図書館デジタルコレクション)
  4. ^ a b c “JR下関駅駅舎・東西連絡通路の完成およびJR下関駅ビル・リピエの開業について” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2014年1月6日), http://www.westjr.co.jp/press/article/2014/01/page_5020.html 2014年1月13日閲覧。 
  5. ^ “下関駅でSUGOCAサービスを開始します” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道株式会社/九州旅客鉄道株式会社, (2010年10月20日), http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1175021_799.html 2010年10月20日閲覧。 
  6. ^ ICOCA電子マネー使えるお店検索(下関駅)”. 2014年2月24日閲覧。
  7. ^ 山口県統計年鑑
  8. ^ 山口県(2018)『山口県統計年鑑』。
  9. ^ のりば案内 下関駅”. サンデン交通. 2015年6月7日閲覧。
  10. ^ 下関駅前バスターミナルのりば変更について(12月8日(月)よりのりば変更) (PDF) - サンデン交通公式サイト内
  11. ^ 下関駅にぎわいプロジェクトについて”. 下関市 (2012年4月23日). 2013年10月14日閲覧。
  12. ^ a b “JR下関駅前に、「ripie(リピエ)」が3月16日(日)グランドオープン!” (PDF) (プレスリリース), 西日本旅客鉄道・ジェイアール西日本不動産開発・中国SC開発, (2014年1月6日), http://www.westjr.co.jp/press/article/items/140106_00_shimonoseki.pdf 2014年1月13日閲覧。 
  13. ^ “『youmeマート下関駅店』オープンのお知らせ” (PDF) (プレスリリース), イズミ, (2013年3月25日), http://www.izumi.co.jp/corp/news_release/pdf/2013/shimonosekieki_op.pdf 2013年10月14日閲覧。 

参考文献編集

  • 『下関駅百年--戦前の関門・山口の交通』斎藤哲雄著、新人物往来社、2001年

関連項目編集

外部リンク編集