メインメニューを開く

菊池 沙都(きくち さと、1989年5月18日 - )は、東京都出身の女子アイスホッケー選手。SEIBUプリンセス ラビッツに所属していた。ポジションディフェンス。兄秀治もアイスホッケー選手で[1]東北フリーブレイズ所属している。

中央区立晴海中学校在学中からコクドレディース(後にSEIBUプリンセス ラビッツ)に所属し、2005年3月に行われた第24回全日本女子アイスホッケー選手権大会Aでは最優秀新人賞を獲得した[2]東京都立石神井高等学校から日本体育大学体育学部へ進学卒業、2009年にはユニバーシアード代表に選ばれた[3]。2012年4月より社会人となった。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 菊池沙都 (2011年5月29日). “昨日は。”. 2012年6月1日閲覧。
  2. ^ 第24回全日本女子アイスホッケー選手権大会A”. 日本アイスホッケー連盟. 2012年6月1日閲覧。
  3. ^ 2009年冬季ユニバーシアード選手名簿 (PDF)”. 日本オリンピック委員会. p. 6. 2012年6月1日閲覧。

外部リンク編集