メインメニューを開く

華下天満宮

華下天満宮(はなしたてんまんぐう)は香川県高松市百間町にある神社。高松市内で最も古い神社である[1]。同市内にある中野天満神社より古いことから「古天神さん」や、その向きから「北向天神」あるいは単に「天神さん」とも呼ばれる。

華下天満宮
Hanashita Tenman-gū Shrine Entrance.jpg
所在地 香川県高松市百間町3番地8
位置 北緯34度20分43.2秒
東経134度3分10.17秒
座標: 北緯34度20分43.2秒 東経134度3分10.17秒
主祭神 菅原道真
例祭 例大祭(9月25日)
地図
華下天満宮の位置(高松市中心部内)
華下天満宮
華下天満宮
華下天満宮の位置(高松市内)
華下天満宮
華下天満宮
華下天満宮の位置(香川県内)
華下天満宮
華下天満宮
華下天満宮の位置(日本内)
華下天満宮
華下天満宮
テンプレートを表示
社殿

目次

概要編集

高松市中心部の片原町商店街に位置する。商店街から社殿へ至る参道は小路になっていて、飲食店などが軒を連ねている。

当社は神社としては珍しく社殿が北向きである。これは高松城築城時に当社を現在地に遷座した生駒親正が当社を城の鎮守神としたため、結果的に当社は高松城のある北方向を向いたものである。この類稀な特徴を利用して、高松市出身の作家・菊池寛は、同郷だと言って金の無心に来る者に対し、この天満宮の向きを尋ねて高松出身であるかどうかを判断したという逸話がある[2]

表参道の入口が片原町側であることから、所在地を片原町と認識されることが多いが、実際は社の眼前に町境が通っているため住所は百間町である。

歴史編集

903年(延喜3年)2月に菅原道真が没すると、これを聞いた地元住民によって現在地から少し東に当社が建立された。その後生駒親正高松城築城にあたって現在地に遷座される。その後松平頼豊の時代になると当社は大きく拡張され、最盛期には345坪(1,138m2)余りの社地を有していた。しかし、1945年(昭和20年)7月4日の米軍による無差別絨毯爆撃高松空襲」によって当社の社殿など建築物は一切が失われ、戦後まもなく社地の敷地内を闇市のバラックが占めるようになり、それがそのまま酒場や飲食店に変わったため、戦前の社地はほとんどが失われた。

交通アクセス編集

参考文献編集

[ヘルプ]
  1. ^ 来・ぶらりー・高松 華下天満宮”. 高松市. 2011年5月21日閲覧。
  2. ^ 華下天満宮”. 高松市. 2011年5月21日閲覧。

関連項目編集