松平頼豊

日本の江戸時代の大名。高松藩第3代藩主

松平 頼豊(まつだいら よりとよ)は、江戸時代中期の大名讃岐国高松藩の第3代藩主官位従四位上讃岐守左近衛権中将水戸藩初代藩主・徳川頼房の曾孫。同2代藩主・徳川光圀は大叔父(祖父・松平頼重の弟)、同4代藩主徳川宗堯は実子である。

 
松平頼豊
時代 江戸時代中期
生誕 延宝8年閏8月20日1680年10月12日
死没 享保20年10月20日1735年12月4日
改名 軽千代・式部(幼名)、頼豊
諡号 恵公
戒名 高林院殿真蓮社廓誉了然源恵大居士
墓所 香川県高松市仏生山町の法然寺
官位 従四位上讃岐守左近衛権中将
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
讃岐高松藩
氏族 高松松平家
父母 松平頼侯:七姫(樋口信康の娘)
養父松平頼常
正室正親町実豊の娘・栴檀院
側室:覚了院、山本氏
徳川宗堯頼治、春姫、娘、登茂、榊原政祐婚約者、八十、阿部正右婚約者、近衛内前婚約者、金姫
養子頼桓中川久忠
テンプレートを表示

生涯編集

延宝8年(1680年)閏8月20日、初代藩主・松平頼重の4男・頼侯の長男として誕生した。母は権中納言樋口信康の娘・七姫。元禄17年(1704年)2月11日に2代藩主・頼常が隠居したため、その養子として家督を継いだ。風水害や流行病などが相次ぎ、享保の大飢饉の被害もあって藩財政は苦しくなり、藩士の知行を削減して財政再建と出費抑制に努めた。その一方で、生活に苦しむ領民の租税を軽減するなどしている。

享保20年(1735年)10月20日、江戸で死去した。享年56。

頼豊の息子のうち、長男・徳川宗堯は本家の水戸徳川家を継ぎ、代わって嫡男とした頼治は早世した。そのため、一門の松平大膳家から頼桓婿養子として跡を継がせた。

『盛衰記』によれば、「恵公御代より一同に相止申候に付恵公以後不被遊候」とあり、頼豊以前は藩主が幕府から死罪人を貰い受けて藩主自ら試し斬りにする慣習があったが、頼豊が宝永年間に藩主に就任して以降は幕府がそのような慣習を廃止したため、高松藩に限らずどの藩でも行われなくなったという[1]

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 氏家幹人『江戸時代の罪と罰』草思社、2015年、93-94頁。