萩原仁 (ゲームプロデューサー)

萩原 仁(はぎわら ひとし、1959年4月8日 - )は、日本のゲームプロデューサーアミューズメント施設プロデューサー。バンダイナムコアミューズメント代表取締役社長。

萩原仁
生誕 (1959-04-08) 1959年4月8日(60歳)
国籍 日本人
職業 ゲームプロデューサー
雇用者 ナムコ

概要編集

神奈川大学第二経済学部卒業。1978年 統合前の株式会社ナムコに入社。高度成長期、ライバル会社との競争が激しい中、平社員のバイヤーとして、お客様にいかに高品質で安価なものを提供するか奔走、20代での営業経験が、現在の代表取締役として行動をする時の一つの指針となっているという。

略歴編集

  • 1959年4月8日生 神奈川県出身
  • 1992年3月神奈川大学第二経済学部経済学科卒業
  • 1978年4月 ㈱ナムコ入社
  • 1992年期間限定の都市型テーマパーク「ナムコ・ワンダーエッグ」を開業に関わる
  • 1996年「ナムコ・ナンジャタウン」を開業に関わる
  • 2005年4月 同社執行役員 AMカンパニー AM編成局長
  • 2006年4月 ㈱バンダイナムコゲームスへ転籍
  • 執行役員 AMカンパニー バイスプレジデント 兼 AM編成局長
  • 2007年1月 ナムコ・アメリカ INC.、ナムコ・ヨーロッパ LTD. 取締役(非常勤)を兼務
  • 2009年4月 同社上席執行役員AM事業本部長 兼 AMプロモーション部ゼネラルマネージャー
  • 2010年4月 同社上席執行役員AM営業本部 本部長
  • 2011年4月 同社取締役 アミューズメント営業本部 担当 兼 本部長
  • 2012年4月 同社取締役 第1事業本部・アミューズメント事業統括本部担当 兼

アミューズメント事業統括本部長

名言編集

ナムコのビジネススタイルを「アミューズメント施設は3つの要素で成り立っている。1つは場所、(2つ目は)モノ、(3つ目は)人。その中で当社は人を一番大切にしている。」と話す。「これからも従業員と同じ目線でこれからのエンターテインメントを創造していきたいと考えている。」

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ナムコ社長に萩原氏 日本経済新聞2014/2/5付

外部リンク編集


先代:
橘正裕
バンダイナムコアミューズメント(旧ナムコ)社長
2014年 -
次代:
(現職)