萩原 淳平(はぎわら じゅんぺい、1920年 - 2000年12月17日)は、静岡県出身の東洋史学者。京都大学名誉教授文学博士

静岡県生まれ、静岡高等学校 (旧制)から京都帝国大学文学部史学科を1946年に卒業し、大学院を修了後、京都大学副手となったが、郷里に戻り、1950年静岡県立教員養成所教授、静岡大学教育学部講師となった。1955年再び京都大学に戻り、1958年京都大学文学部講師となり、『明代満蒙史料』(京都大学文学部刊)の編纂にあたった。1962年助教授に昇任。1977年『明代蒙古史研究』で京都大学文学博士。1978年京都大学文学部教授となった。1984年3月定年退官、名誉教授、4月立正大学教授。1991年同大学退職[1]島田虔次らと「アジア歴史研究入門」全6冊の編纂を行い、また後進の養成を行った。

脚注編集

  1. ^ 経歴記述は吉田寅「萩原淳平先生をお送りする」(立正大学文学部論叢.93号,1991.3)による