葛山城(かずらやまじょう)は静岡県裾野市にある日本の城跡。裾野市指定史跡[2]

logo
葛山城
静岡県
葛山城址全景
葛山城址全景
築城主 葛山氏
遺構 曲輪虎口(含桝形虎口[1])、竪堀(含放射状竪堀[1]
指定文化財 裾野市指定史跡
位置 北緯35度12分21.9秒 東経138度53分36.4秒 / 北緯35.206083度 東経138.893444度 / 35.206083; 138.893444
地図
葛山城の位置(静岡県内)
葛山城
葛山城
テンプレートを表示
葛山氏墓所
葛山氏の菩提寺 仙年寺

概要編集

東駿一帯に勢威を振った葛山氏の城である。平時の城である「葛山館」と菩提寺の仙年寺の裏山にある詰城とも土塁堀切曲輪など遺構がよく残っている。

地勢編集

葛山城跡は、愛鷹山の尾根が東方に伸びた末端にある、海抜270.4メートルの愛宕山頂部に築城されている。[3][4]

構造編集

主曲輪は、愛宕山の頂部に削平された平場に配置されている。主曲輪より6〜8メートル下段に二ノ曲輪が配され、さらに下段に通路状の三ノ曲輪が全体を取り囲んで配されている。三ノ曲輪の東西には尾根稜部を切断した形で二重空堀切がある。[4][3]。放射状竪堀があるが、武田氏の築城術と推定されている[1]

歴史編集

葛山氏の居城として編集

葛山氏は、鎌倉期から室町期に、駿河東部の名族として御家人・将軍家奉公衆として活躍し、室町後期から戦国期には守護の今川家の傘下となりながら、葛山城を築城し、国衆として独自の領国運営と領土防衛していた。駿河東部に位置する葛山氏の領地は、今川氏・後北条氏・武田氏と接するため、生き残りのため、今川氏・後北条氏両者と関係を結んでいたが、大名間の力関係により、主家を変えることもたびたびあった。武田信玄が、1568年(永禄11年)に駿河に侵攻した際には、敵対していた今川氏を援助する後北条氏に、武田氏側についていた当主葛山氏元は葛山城を奪われた。1571年(元亀2年)に武田氏・後北条氏の和解が成立すると、武田信玄は氏元を処刑し、変わって信玄の六男信貞に、後北条氏から変換された葛山城を継がせた。その後、武田氏の支配下に置かれ続けた葛山城は、1582年(天正10年)に武田氏が滅亡するとともに廃城となった。[4]

現在編集

地元の葛山城保存会によって、葛山城跡と居館跡は保存状態が良好に手入れされている。[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 三島2007、41頁
  2. ^ 「葛山城址(葛山氏墓地を含む)」『裾野市の文化財』裾野市HP
  3. ^ a b c 裾野市史編さん専門委員会『裾野市史第一巻資料編考古』裾野市、1992年。
  4. ^ a b c 加藤理文『静岡県の歩ける城70選』静岡新聞社、2016年。

参考文献編集

  • 三島正之「川中島合戦と城郭(続):関連城郭から展望する合戦の実像」『中世城郭研究』第21号、中世城郭研究会、2007年、 4-63頁、 ISSN 0914-3203

関連項目編集