メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

葛西 政信(かさい まさのぶ)は、室町時代後期の大名奥州葛西氏の第13代当主。名は信勝(のぶかつ)とも。従五位下、壱岐守、左京大夫。正室は千葉師胤の娘。子に晴重、女子(大崎持高後室)。

 
葛西 政信
時代 室町時代後期 - 戦国時代
生誕 永享5年(1433年[1]
死没 永正3年5月1日1506年5月23日[1]
別名 信勝[1]
官位 従五位下壱岐守、左京大夫[1]
氏族 葛西氏
父母 父:葛西持信[1]
兄弟 朝信[2]政信
稙信(晴重)[1]
テンプレートを表示

生涯編集

永享5年(1433年)、第10代当主・葛西持信(もちのぶ、満信の嫡男)の子として生まれる。母は葛西信貞(のぶさだ、満信の末弟)の娘。家の慣例により、室町幕府第8代将軍足利義政より偏諱を賜い、政信と名乗る。

文明15年(1483年)に第12代当主・葛西尚信(ひさのぶ)が若くして亡くなったため[注釈 1]、家督を継いで当主となる。しかしこの家督相続は、後見役であった政信が尚信を毒殺して家督を奪い取ったものともされている[1]。さらに第13代当主は葛西宗清であり、政信は正式な当主ではないともされている[注釈 2]

このような経緯から、葛西宗清と当主の座をめぐってたびたび争ったという。永正3年(1506年)5月1日に死去。享年74。後を三男の晴重(初名は稙信とされる)が継いだ。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 尚信は宝徳3年(1451年)生まれ。『高野山五大院葛西系図』をはじめ多くの史料等では尚信は政信の甥(兄・朝信(とものぶ)の子、母は大崎持兼の娘)とされている。政信よりも年少であることや名前も第9代将軍足利義尚から偏諱の授与を受けたものとなっているので間違いはないだろう。ただし、阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P238では早世したのは満信ともある。
  2. ^ 阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P238では当時葛西氏は石巻城の宗清と分裂対立していた。反政信勢力と確執があったらしく不詳な点が多い。

引用元編集

  1. ^ a b c d e f g 阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P238
  2. ^ 『高野山五大院葛西系図』より。第11代当主で12代尚信の父としている。

参考文献編集

  • 『戦国人名事典コンパクト版』阿部猛、西村圭子、新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9