メインメニューを開く

葛飾 北嵩(かつしか ほくすう、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴編集

葛飾北斎の門人。本姓は島、名は重宣。諱は光義。葛飾の画姓を称し、酔醒斎、閑々楼、蘭斎、蕣亭、柳居と号す。神田明神下の伊勢屋佐兵衛宅に同居していたと伝わる。作画期は文化から文政年間にかけてで、主として読本合巻、狂歌本の挿絵及び肉筆画などを描いた。晩年は東居と号し、浮世絵を廃して漢画を描いたという。

作品編集

参考文献編集

  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年