葦敷重頼

日本の平安時代の武士

葦敷 重頼(あじき しげより)は、平安時代末期の武将信濃源重遠の次男[4]安食重頼とも表記される。

 
葦敷重頼
時代 平安時代末期
生誕 天永3年(1112年[1]
死没 安元2年2月11日1176年3月23日[2]
改名 重頼→常観房(号)
別名 葦敷二郎
官位 従六位下右衛門少尉[2]
氏族 清和源氏満政流山田氏(葦敷氏)
父母 父:源重遠または源重実[3]
兄弟 浦野重直重頼小河重房山田重弘
重助重隆重義(重能)、重信
テンプレートを表示

経歴編集

源満政から七代の孫にあたり、尾張国春部郡安食荘[5]荘司となって同荘広瀬島に住した。長承年間に起こった墨俣合戦で大きく功を挙げる。その時戦死した子息・安食重義をはじめ郎党等の菩提を弔うために安食荘内に聖徳寺を創建した。晩年出家し、常観坊隆憲を称す。聖徳寺に伝わる文書によれば官位は従六位下右衛門少尉1176年(安元2年)2月21日に没した。また同荘内には葦敷・山田一族の菩提寺で重頼の法名にちなんだ常観寺[6]があった。

脚注編集

  1. ^ 聖徳寺の文書に記載される死没年・没年齢から逆算。
  2. ^ a b 聖徳寺』文書。
  3. ^ 尊卑分脈』。
  4. ^ 尊卑分脈』。同系図では源重実(重遠の父)の子としても重頼の名を挙げる。
  5. ^ 現在の名古屋市北区から春日井市にかかる地域
  6. ^ 現在の成願寺。後に一族の山田重忠が再建した際に名を改めたと伝わる(「成願寺」名古屋市教育委員会)。

参考文献編集

  • 北区役所教育課編『北区誌』北区役所総務課、1964年、127・128頁。

関連項目編集

外部リンク編集